風とともだち---週末サイクリング

愛知県サイクリング協会(ACA)の会員になって
名所旧跡や街道をポタリングしたり、美味しい物を食べて回ったりの「探訪あいち」や
ロングライド、ヒルクライム、グランフォンドと体力の限界に挑戦する「ツール・ド・あいち」など
苦しくも楽しい自転車ライフを満喫しています。

風とともだち---週末サイクリング

風とともだち---週末サイクリング

2009年5月23日土曜日

09.05.23琵琶湖一周(ショートコース)

09.05.23琵琶湖単独

5月17日の琵琶湖一周が雨天中止となってしまったので、今日(23日)単独走行した。
単独なので時間に捉われず「楽しく走る」をモットーに、ビューポイントは写真に収めることにした。

ひょっとして足が動かなくなったときのことを考えて「輪行」を選択。
しかし、乗り継ぎが悪く、車で行くよりずっと時間がかかる。

柏森 5:53発(これが一番早い)→新鵜沼→(徒歩で)鵜沼→岐阜→大垣→米原→長浜 7:53着
ちょうど2時間だ。


早朝の鵜沼の風景(向こうの山は伊木山)

これだと米原をスタート/ゴールにした方が便利なのだが、大会規定どおり長浜(豊公園P)を8:30出発とした。
すぐに長浜城(資料館)が見えるのでセルフタイマーで記念撮影(人に見せれるような写真は撮れていなかった)。



風が気持ち良いし琵琶湖がいろんな姿を見せてくれるので、何度も止まって撮影。
走りながら撮れればいいのだが、もしこれで転倒事故でも起こしたら物笑いの種だ。
自重して、「カメラを取り出すのは止まってから。」を肝に命ずる。

大音の8号線のトンネル(賤ヶ岳トンネル)は、私の敬愛するブロガー「天五さん」の勧めに従って、8号線を渡ってから左折。
つまり、トンネルの上の峠を越えて飯の浦へ出た。ドライブインは閉鎖している。

岩熊トンネルはトンネルが2つ平行していて、一方通行になっている。サイクリングロードが1車線分あるので快適だ。
奥琵琶トンネルは通行車両が多く車道は恐いので歩道を走るのだが、暗くて狭い上に、昨日の雨のせいか所々水が流れ出ている。
鉄板が跳ね上がっているようなところもあるし、投げ捨てられたペットボトルが転がっていたりする。



今津浜で休憩がてら写真を撮っていた。
時計は既に11:30
12:30までには75km地点まで到達したい。4時間で75km。150kmを8時間の計算だ。
本当は7時間で一周出来るとタカをくくっていたのだが。

道草食いすぎ。

75km過ぎてコンビニ弁当を食べた。
「駐車場内での飲食禁止」の看板が立っている。
確かにコンビニの前に座り込んで食べてる姿は見栄えが悪い。
なので、隅っこの方で立ったまますばやく食べさせてもらった。

琵琶湖大橋西で90km。なんとか順調だ。
だが、100kmをこして、サイコンに何度も目をやるが、ちっとも進んでいない。

101km 102km・・・
足が回らなくなっているのだ。そういえば左足付け根が痛い。
最後まで持つのだろうか。
道はほぼ平坦だが風はいつも通り向かい風だ。スピードが全然出ない。
これじゃ車道は諦めて歩道を行くしかない。
しかし歩道は例に漏れず縁石ごとに振動が伝わる。膝にも来そうだ。


松林の向こうに湖が見える。風も心地よい。
遅いながらも少しづづ進んでいく。
これなら何とかなりそうだ。

ところどころ写真撮影のために自転車を降りると、なんだかモチベーション下がるんだよね。
乗り降りが億劫と言うか。
で、なるべく止まらず行くことにした。
彦根城がゴール地点から10kmほど手前にあるはずなので、そこまでは水の補給も我慢。
コンビにも通り過ぎる。

この辺りが彦根城かと見当をつけたところは遊覧船乗り場だった。お城は通り過ぎてしまった。
ほんのちょっとのようなので戻って外観だけ写真を撮る。
一番手近なところでの撮影なのでいい加減な写真になってしまったがやむを得まい。
遅くとも16:30にはゴールしたいのだ。
145km 8時間

結果として148km 7時間50分

自由気ままな一人旅だった。
楽しさは---60点くらいだな。
180kmにしなくて良かった。

0 件のコメント:

コメントを投稿