風とともだち---週末サイクリング

愛知県サイクリング協会(ACA)の会員になって
名所旧跡や街道をポタリングしたり、美味しい物を食べて回ったりの「探訪あいち」や
ロングライド、ヒルクライム、グランフォンドと体力の限界に挑戦する「ツール・ド・あいち」など
苦しくも楽しい自転車ライフを満喫しています。

風とともだち---週末サイクリング

風とともだち---週末サイクリング

2009年6月28日日曜日

09.06.28 ひるがの分水嶺200km

09.06.28ひるがの分水嶺

昨年の同時期、同企画は朝から土砂降りで、集合すら出来ないような天候だった。
今年も週間予報では常に降水確率50%以上がでていたので少雨でも参加する覚悟で、シューズカバーも揃え、準備万端。
ところが土曜日になって、雨マークが消えた。
今朝起きると、雨の心配のない天気。山の天気に備えて一応ウィンドブレーカーだけ持って出掛けた。

白鳥近くまではほぼ平坦というものの、小さなアップダウンあり、がんばって付いていこうとするも小さな坂でも置いていかれるようになってしまった。
私のフルアルミのルイガノは路面の振動をもろに拾う。
ダメージの積み重ねでこの先みんなについていけそうもない。
白鳥のそば屋で昼食後ひとりで帰ろうと思う。

しかし、みんなの励ましで、遅いながらも行けるところまで行くことにした。
豊明のオカチャンが付き合ってくれる。
二人で励ましあいながら13時ちょうどに分水嶺公園に到着。
自宅から集合場所のすいとぴあ江南を経て、102kmの旅。

分水嶺は陽射しが強く、でも木陰と水路が涼しげな公園だ。
ソフトクリームで生き返る。

帰りは下り基調とはいえ、ロングライドはきつい。
美並道の駅ではたっぷり時間をとって休憩。
集合場所へはここから約30kmちょっとらしい。
しかし、最後に峠2つ。特に桐谷坂はやっとの思いで上る。
これを越えればやれやれだ。

到着は自宅からの積算距離で195.10km。
この後自走で帰宅時には200.28kmになっていた。
はじめての200km走行だ。

欲を言えばもう少し楽に乗りこなしたい。
練習あるのみ?

0 件のコメント:

コメントを投稿