風とともだち---週末サイクリング

愛知県サイクリング協会(ACA)の会員になって
名所旧跡や街道をポタリングしたり、美味しい物を食べて回ったりの「探訪あいち」や
ロングライド、ヒルクライム、グランフォンドと体力の限界に挑戦する「ツール・ド・あいち」など
苦しくも楽しい自転車ライフを満喫しています。

風とともだち---週末サイクリング

風とともだち---週末サイクリング

2009年9月21日月曜日

09.09.21 ベアー・ベル

09.09.21ベア・ベル

21日はせっかくの連休だったが、家の事や庭の片づけをして、どこへも出かけずじまいだった。

昨日のサイクリングでも話題になっていたが、8月22日に「乗鞍エコーライン」で行ったばかりの畳平に熊が出て、大変な被害をもたらしてしまった。
TVでは「30年もやっているけど熊が出たのは初めてだ」と語っていたが、ツール・ド・あいちのヒルクライム、グランフォンドもどんどん熊の生息域に近づいていくので注意が必要だ。

100均で熊除けの鈴を買ってきた。その名も「ベアー・ベル」
「ハイキングやピクニックに出かける際のの必需品!」「リュックやバックパックに付けているだけで熊よけの効果があります」と書いてある。
ただし、裏面には「本製品は安全を保証するものではありません。」の記載もある。
もちろん、100円の鈴で熊の被害にあったからといって、「保証」も「保障」も「補償」もできないだろう。

どれほど効果があるのかは分からないが、熊は人を襲うために来るのではなく、急に出会ってしまってパニックになるから攻撃してくるのだ。鈴の音で注意を喚起してやると寄って来ない。というのが定説になっているようだ。
(熊はきっと、嗅覚も敏感で、何メートルも前から人が近づいてくるのを知っているような気がするけど)
しかし、今のところ熊除け鈴以外の避け方を聞いたことがないので、ベアー・ベルに頼る以外に方法はない。

袋から出して、振って音を確認。
シャンシャンとリンリンの間のような音がする。
1個を手に持って、1個だけを振ってみると、鈴の中の玉はぐるぐる回っているだけで、小刻みな振動ではあまり音が出ない。激しく振ったときだけ玉がぶつかって音がする。
鈴が2個付いていることにより、鈴同士もぶつかり合って、小さな振動でも常に鳴っているようなのだ。
だから鈴1個が50円と思ってはいけない。鈴2個+クリップ+BearBellのネーミング料の完成品で100円なのだ。

何はともあれ、熊様!私の肉は硬くてまずいです。脂肪も乗っていません。
間違っても寄って来ないで!

0 件のコメント:

コメントを投稿