風とともだち---週末サイクリング

愛知県サイクリング協会(ACA)の会員になって
名所旧跡や街道をポタリングしたり、美味しい物を食べて回ったりの「探訪あいち」や
ロングライド、ヒルクライム、グランフォンドと体力の限界に挑戦する「ツール・ド・あいち」など
苦しくも楽しい自転車ライフを満喫しています。

風とともだち---週末サイクリング

風とともだち---週末サイクリング

2011年1月16日日曜日

11.01.16 早朝から雪

11.01.16早朝の雪

今日は「知多半島あばら骨ツアー第3弾」の予定だったが、身支度を整えて外を見ると、真っ暗な夜空にもはっきりと真っ白な積雪。
道路も屋根も畑も、一面真っ白だ。

知多半島はどうなっているんだろう。
掲示板でサイクリングの可否を確認しようと、パソコンを立ち上げながら、待ち時間のうちに幹事のaQsimさんに電話。
「風がひどく積雪もあるので中止にして、掲示板にも載せました」とのこと。

今回の降雪は岐阜方面ばかりでなく、三重の方からもやってきているので、いつも暖かい知多半島まで雪雲が流れてきたようだ。


今年はなんだか寒い日が多いので、寒さ対策はそれなりにしてきた。

去年まではシューズの中にスキー用の<つま先防寒用>保温キャップで間に合わせたのだが、今年はちゃんとしたシューズカバーを新調した。
頭はヘルメットの下にキャップをかぶっていたが、これだけだと耳が冷たいので、耳まで覆うフェルトの帽子にした。
アイウェアは度付きにこだわっていたが、細かい文字を見るとき以外はそんなに不便なわけではないので、風除けとUVカットさえしてくれればいいと割りきって、ほとんど透明なプラスチックレンズにした。


これで準備完了。
これでも寒いようなら、禁断の「ヒートテック」を着てもいいし、最後はゴーグルにスキーウェアという手もあるかな。



これだけ準備したにも拘らず、実際に雪に降られてはどうしようもない。
危険は事前に回避するに限る。

しかし、今日の天気予報やニュースの画面で、雪の中を自転車で走る姿がけっこう写っていた。
平気な人は平気なんだろうか。

自転車ブログランキングで常にトップを走る「サイクルロード―自転車への道」でも雪道を走る自転車が紹介されている。
http://blog.cycleroad.com/archives/51726139.html


でも、まあ、無理をすることもない。
晴耕雨読で自転車雑誌でも読んで過ごすことにしよう。
来週はきっと暖かい知多半島が戻ってくるだろう。

0 件のコメント:

コメントを投稿