風とともだち---週末サイクリング

愛知県サイクリング協会(ACA)の会員になって
名所旧跡や街道をポタリングしたり、美味しい物を食べて回ったりの「探訪あいち」や
ロングライド、ヒルクライム、グランフォンドと体力の限界に挑戦する「ツール・ド・あいち」など
苦しくも楽しい自転車ライフを満喫しています。

風とともだち---週末サイクリング

風とともだち---週末サイクリング

2012年12月30日日曜日

12.12.29ミシガンさんと奥三河


アルバムはここから↑

鞍ヶ池公園植物園駐車場に集合の予定が、工事中で使えない。
池の端やハイウェイオアシスに駐めて芝生広場前に集まってきたのは、ミシガンさんも含めて14名。
ミシガンさんとは、およそ1年ぶりの再会だ。

今日のコースは香嵐渓から三河湖を廻ってR301側から鞍ヶ池に戻る66km。奥三河らしいちょっとした山岳コースだ。
何日か前までは雨の予報で気をもんだが、今朝の天気予報では全国的に晴れ。眩しいほどの日差しを浴びて走りだす。


コース設定をしたのは電ちゃん。
でも、この辺りを普段から走り慣れて道に詳しいのは、まじめ少年さんやピンクパンサーさん、ビアンキマニアさんなど三河の人たちだ。


香嵐渓に着く前に、9noQさんが先頭までダッシュして、何か話している。
どこかへ立ち寄る相談のようだ。シュークリームがどうのと聞こえてくる。
香嵐渓の表示のある交差点を左折して、足助の町並みに乗り入れる。
「足助名物かゑで」の大きな看板のかかる、間口2間ほどの小じんまりとしたお店の前で止まる。



サイクリング仲間にはつとに知られたスイーツのお店らしい。
植木鉢を移動したり、長椅子を持ってきてくれて、できるだけ全員座れるように配慮してくれたが、それでも14人は座りきれなかった。

各種プリンを注文しているうちにコーヒーを淹れてくれて、パウンドケーキの端っこみたいのを小皿に盛って出してくれる。
コーヒーのおかわりをもらっているうちに、おかきが回ってきたり、あとは名物の「巴水まんじゅう」を勧めてくれた。
すっかりモーニングコーヒーを堪能した後、信じられないことに、プリンとおまんじゅうはお代をいただくが、コーヒーその他は無料サービスということで、すっかりご馳走になった。


aQsimさんとyuuminさんは用事があるということでここでお別れ。
12名はここから坂道に挑戦。

ぱんたあにさんとピンクパンサーさんは坂という感覚がないようで、気持よく行ってしまう。
ミシガンさんと久しぶりに話しながら上っていく前を、姿が見え隠れするくらいの距離で電ちゃんとT-COLNAGO大矢さんが上っていく。
オレンジ大好きクプさん、まじめ少年さん、9noQさんにとっては楽なペース。まったりとついてくる。


やっと峠に着いて後続を待つ。
T内さんがなかなか来ない。電ちゃんが連絡すると、「三河湖」の看板につられて手前を右折してしまったようだ。
三河湖の手前で合流することとする。

十数キロ上ってくる間にすっかり熱くなってしまったが、峠からしばらくは下り。
ウィンドブレーカーを羽織って9noQさんに続く。
だんだん離されてしまうと、後方から大矢さんとミシガンさんが追い越していく。
そうなるとさっきからうずうずしていたクプさんも反応する。
あんまり近づくと、さらに加速して逃げてしまうよ。


T内さんはひとり、ショートカットの激坂を上って大汗をかいたということで、半袖姿で下ってきた。
ここでウインドブレーカーを着たけど、ここから三河湖の「三河路」まではちょっとした上り区間。やってること逆じゃない?


  

  

三河路ではイノシシの味噌鍋や川魚の定食や五平餅定食なんかを注文する。
普段あまり会話をかわしたことのない青いピナレロさんが「それ、鮎ですか?」と訊いてきたので、「鮎は夏場しかないようですよ」と応えて、会話は途切れた。
イノシシ鍋がなかなか出てこないのは、外の檻の中にいる猪を締めるのに手間取っているんだとか、あれは見世物だから別のを捕獲しに行っているんだとか言い始めたらでてきた。


長い昼食時間の間に、三河湖の上には灰色の雲が垂れ込めている。
小雨交じりになってきたが、山を下れば天気も変わるかもしれない。
きょうは全国的に晴れの予報だったはず。

電ちゃんが先頭を牽き、ピンクパンサーさんがピタリと付いたうしろについていく。
上手い人はせいぜい車輪1つ分くらいで上りも下りもピタリと付いて行くが、自分の場合は下りでは特に間隔を開けて走らないと不安だ。前走者のとっさの行動に対応する自信がないからだ。
それでもゆるい下り。遅れをとることもなく気持よく攻めた走りができた。

松平の簗場のところで止まると、後続がどんどん揃う中で、ぱんたあにさんの姿がない。
パンクしたようだけど、彼のことだからすぐに追いついてくるでしょうということだ。

鞍ヶ池スマートインターの入口で写真を撮って別れた。
快晴とはいかなかったが、一時は諦めていた今年最後の、そして1年に一度ミシガンさんと走る山岳探訪を楽しく締めくくった。

帰省ラッシュのピークと言われた高速道路も、この時間帯は車が少なく、快調に飛ばして1時間で帰宅。
すぐに雨が降り始め、自転車の汚れ落としは玄関で。
FOCUS、ありがとう。一年間楽しかったよと気持ちを込めて。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村  (´∀`∩)↑age↑ クリックお願いします  ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!

4 件のコメント:

  1. Focusの山田さん
    お久しぶりでした。探訪のレベルが随分とハイレベルになりましたねぇ。グランフォンド気分で楽しみました。もうちょっと鍛えておかないと本帰国してから大変そうです。
    では良いお年を!

    返信削除
  2. ミシガンさん
    いや~楽しかったですね。
    1年ぶりでも全然変わってませんでしたねー。日本語も忘れてなかったし(^^♪。
    下りの速いのも前と同じでした。
    また一緒に走れるのを楽しみにしてますよ!

    返信削除
  3. 距離が短いのに獲得標高が1088mとはハードですね、
    香嵐渓からの上りは長かったでしょ、
    8月に下りましたがココは上りたくないと下ってる時に思ったのでした。^^

    暫く走ってないので走りに出たくなりました。
    明日からの三日間だけは休もうかと思ってます。^^;

    来年もまたヨロシクです。

    返信削除
  4. ☆うっさ☆さん
    明けましておめでとうございます。
    地元の神社へ初詣に行って、お神酒を頂いて帰ってきたところです。

    奥三河は激坂はなかったし「探訪」らしくゆっくり走ったので、終始快適でした。

    新年早々走りますよ(*^^)v
    今年もよろしくお願いします。

    返信削除