風とともだち---週末サイクリング

愛知県サイクリング協会(ACA)の会員になって
名所旧跡や街道をポタリングしたり、美味しい物を食べて回ったりの「探訪あいち」や
ロングライド、ヒルクライム、グランフォンドと体力の限界に挑戦する「ツール・ド・あいち」など
苦しくも楽しい自転車ライフを満喫しています。

風とともだち---週末サイクリング

風とともだち---週末サイクリング

2013年1月2日水曜日

13.01.01元旦走行会

13.01.01元旦走行会

元日のお神酒をいただきながら家族揃って新年をことほぐといった、例年の家庭行事もないまま、神棚にはお神酒を、仏壇にはお線香と般若心経を唱え、そそくさと着替えを済ませて、大野極楽寺公園に向かう。

電ちゃん、ぶるほんアンカーさん、ビアンキノブコさん、それに掲示板にはなかったが、ご近所の愛岐のローディさんが集まっている。
公園事務所のA井さんも出迎えてくれる。顔を覚えていてくれたようだ。

A井さんもロードバイクに興味を持ち始めたようで、GIANTのお店も覗いてみたようだ。「ノブコさんもまだ最近ロードに乗り始めたところなんだけど、すごくハマってますよ」年令に関係なく、思い立った時が始めるチャンスだ。

記念撮影をして出かけようとしたところへOhbaya4さんが到着。
だだし、今日は年始の行事があって参加はできないので見送りだけ、ということだ。
これが正常な社会人の感覚だ。
それにしても初めての元旦走行会だからといって、様子を見に来てくれるとは嬉しいね。
もう一度写真を撮り直して、今度は出発。


ビアンンキノブコさんがさっさと先頭切って走りだす。すごい意欲的だ。
ここまで輪行で来て、河口0m地点まで行った後、帰路の立田大橋で別れる計画を立てている。


快適にサイクリングロードを乗り継いで、尾西の名神高速のところから一般堤防道へ上がる。
祖父江ワイルドネイチャープラザで、そのまま直進しそうになるところでの右折、間違えてもすぐに突き当たりになるから気づくけど。



馬飼大橋、東海大橋と進んで、たまに車止めや速度規制のための出っ張りがあるが、正月のせいか交通量も少ないし、何より無風状態。かなりの距離を信号もなしに走り通せる。
完全に車を遮断した区間は40km以上で走れる。

静かな川の流れの向こうは伊吹山や養老山脈や鈴鹿山脈が美しい姿を変化させていく。


立田大橋のたもとのサークルKで小休止。ここまで35km、2時間ほど。
この先は橋を渡って右岸を、河口0m地点を目指して走ることになる。

ところがこちら側はなぜか車が多い。
正月からこの交通量では、普段の週末はもっとすごいことになるのだろう。
途中、津波を警戒して嵩上げする工事中の堤防道路を走る。
ここは車はもちろん来ないが、バリケードがところどころ行く手を遮って走りにくい。
走りながら対岸に目を凝らすと、向こう側のほうが走りやすい感じ。
帰りに調査することとする。


 
ナガシマスパーランドのスーパーサイクロンとか観覧車を右手に見て、河口0m地点に到達した。
証拠写真を電ちゃんのカメラに収めてお昼ごはん。

ジャズドリームの中にレストラン街があるというので、ごった返す人をかき分けてレストランに到着。
満員でどのくらい待てばよいのか何とも言えないということで思案するうち、ぶるほんアンカーさんがルートラボを確認中に確か吉野家が近くにあったというので吉牛探し。
久しぶりの牛丼は速い安い美味い。


23号線を木曽岬町へ渡って南下。
走りやすい道だがだんだん左にカーブしていく。
橋の工事をしているところで止まって周りを見渡せば、名古屋駅の高層ビル群が変な方向に見える。
やはり左岸を走ってきたとしても、最後は23号線の橋を渡らなければ「河口0m地点」の標識にたどり着けないと分かった。
今日はここまで。木曽川左岸の様子を見ながら戻ることにする。

少し風はあるものの快適。弥富の水郷の里まで一気に北上。
1号線の辺りの繋がりが分からないところ。
一旦右折してコンビニの横を左折。信号をもう一度左折して堤防道路へ上がろうとしたが、細い水路に阻まれて、しばらく水路沿いに北上。すると左に堤防道路が見えてくる。
堤防道路が続いている以上1号線の近くまで行けるはずなのにおかしいなあと言っているところに散歩中の二人連れ。
「1号線のすぐ手前まで行けますよ。いま私達そこから来たんですから」
今後、調査の必要あり。ルートラボを拡大していけば謎は解けるかもしれない。

立田大橋を過ぎてもビアンキノブコさんは別れない。
せっかくのこんなに気持の良いサイクリング、最後まで付き合いたいと。

同じルートをどんどん飛ばしていくと、電ちゃんが急に左折して停まる。
「ここで曲がるの?じゃあビアンキノブコさんを待っててあげないと」
「だって、今朝ここから上がってきたんだよ」
よくよく見渡せば確かにそうだ。尾西の勤労福祉センターだ。走りながらじゃ全然気が付かないんだよね。

 
堤防道路脇にある名鉄本線「木曽川堤駅」で、輪行で帰るビアンキノブコさんのお手並みを拝見して、沈みゆく夕日を撮影。
リヤの赤色ライトを点滅させて帰る。
大野極楽寺公園には最初の予定通りちょうど午後5時到着。
正月そうそう一日中楽しいサイクリング。

今年もまた安全な楽しいサイクリングで、充実した日々を送れそうだ。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村  (´∀`∩)↑age↑ クリックお願いします  ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!

4 件のコメント:

  1. ぶるほんアンカー2013年1月2日 18:53

    今回もまた、FOCUSの山田さんのおかげで詳細に「元旦走行会」を振り返ることが出来ました。ありがとうございます。
    最初は、電ちゃんと二人で100km走るんだ。ついていけるかなあとチョット不安でしたが、年が明けると参加者が5名になっていました。もちろんFOCUSの山田さんも参加。安心しました。
    「FOCUSの山田さんのいない探訪なんて、まるで〇〇の入っていないコーヒーみたい」ちょっと古いCMでした。

    返信削除
  2. 行きたかったんですけど
    初日の出も見たい
    知多の尾張万歳も見たいで
    両立しないのでした。
    初日の出パスで輪行して河口でお別れして
    知多に寄ったら・・・1400に間に合ったかしら・・・

    返信削除
  3. ぶるほんアンカーさん
    人に安心感と優越感を与えるFOCUSの山田です。
    ---って、これキャッチコピーにしようかな(^^ゞ

    最近、文章が長すぎるきらいがあるので、もう少し簡潔にしたいところです。

    相当古いCMですね。
    若い人は誰も知らないんじゃないでしょうか(T_T)

    返信削除
  4. タロウちゃん

    またとない天候に恵まれたこともあって楽しいサイクリングでした。
    大勢で走りたかったです。

    電ちゃんは初心者から走り屋まで楽しめるように、折り返し地点をたくさん考えていましたから、そのうち発表されると思いますよ。

    信号や車のストレスの少ないサイクリング、また一緒に走りましょう。

    返信削除