風とともだち---週末サイクリング

愛知県サイクリング協会(ACA)の会員になって
名所旧跡や街道をポタリングしたり、美味しい物を食べて回ったりの「探訪あいち」や
ロングライド、ヒルクライム、グランフォンドと体力の限界に挑戦する「ツール・ド・あいち」など
苦しくも楽しい自転車ライフを満喫しています。

風とともだち---週末サイクリング

風とともだち---週末サイクリング

2013年9月24日火曜日

13.09.23 GF三河・本宮山

13.09.23GF三河本宮山

夜中に激しい雨の音で目覚める。
天気予報はずっと晴れだったはずだが、台風の影響で今日は雨か。と思ったら、このまま、また寝ていたい誘惑に駆られたが、5時過ぎには電ちゃんが迎えに来てくれることになっている。
しょうがないから起きて着替えを済ませ、顔を洗ったが、体調はイマイチ。
自分で車を運転していくのなら、何やかんや理屈をつけて、不参加にしてしまったかもしれない。



昨日のうちに大体のことは準備を済ませておいたから、自転車、着替えのリュック、ヘルメット&シューズが玄関前に揃っているのを確認し、ボトルに氷と少量の水を入れ、コーヒーとパン1枚の朝食をして電ちゃんを待つ。




22日、23日と同条件での開催となったGF三河・本宮山。
今日の参加者は16名。
初参加の女性グループもいれば、昨日の探訪に参加してくれた、トッシィーさん、コシダさん、yuuminさん、トレックロさん、イザルコさんの顔もある。


 
注意事項、コース案内を済ませて9:00スタート。
スタート写真を撮ったあと、すぐに後を追う。



トッシィーさんがガシガシと力強く牽く機関車に、コシダさん、yuuminさん、自分と電ちゃんが連なっている。

上りが続いたあと、yuuminさんが一旦歩道に寄って水分補給。
機関車はそれと気づかず、そのまま進んでいく。


道が直角に折れたところで気づいたトッシィーさんが、待っていてあげようと、見やすい角で待つ。
電ちゃんは、どうして止まったのか分からず、そのまま行ってしまう。
実はこの時、自分のATLASの電源が落ちてしまっていた。
ATLASのバッテリーはちゃんと充電しておいた筈なのに、スタート後4kmくらいで画面が真っ暗。
一応地図はもらってきたが、GPSに頼りっきりで何の学習もしていない身としては、一人っきりになったら先へ進むことはできない。
だから、yuuminさんを待って、探訪仲間で一所に走ろうとコソクな提案。


すぐに追いついてきたyuuminさんを、トッシィーさん、コシダさんの次に入れ、自分がシンガリ。
本宮さんに向かう最後のコンビニで休憩。補給食を摂り、いよいよここから7kmの上り。


前を行く2人に離されても、後続2人も慌てずマイペースで淡々と上る。
前の二人も、ちゃんと見える位置をキープするように速度を調整してくれているようだ。

峠まで上りきって、このあとは少しアップダウンを繰り返したあと、道の駅作手手作り村へ。

すると、食事も済ませた電ちゃんが、ソフトクリームを食べながら登場。すぐに再出発。
我々は食堂へ入っていては時間を取られるだけなので、それぞれ用意していた補給食ですませ、短い休憩のあとR301をめざす。


この頃から頭上に黒い雲が現れて、局地的な雨に見舞われるかもしれないなと思いながらも、ちょうど日差しを遮って涼しさを感じさせてくれる。


怖さを感じるほどの千万町坂を下り、待っていてくれた二人と合流。
朝も通り抜けた御油の松並木を通り、まもなくゴールと知る。


最後はスプリント合戦!と考えていたが、ここまでの長丁場をすべてトッシィーさんが牽き、コシダさんがペースを作り、yuuminさんが頑張って付いてきたのだから、最後までこの順序でゴールするのが美しいと思う。
考えてみれば昨日の探訪で一緒に走り、奇しくも同じテーブルについた4人組。
「探訪仲良し4人組」とネーミングしてもいいような即席ACA探訪代表チーム。


順に記録をつけていると、その前に到着した電ちゃんは12時27分、我々は1分遅れの12時28分。
たった1分しか違わない。
やはり4人で励ましあい助け合って走るのは随分力を与えてくれるようだ。
もしあのときyuuminさんを待たずに、それぞれがバラバラに走っていたら、それぞれがまた違った苦労を味わっていたことだろう。

 

ロングの1位で帰ってきたのは昨日の探訪で足慣しをしてGFで激しく走ると宣言していたイザルコさん。
トレックロさんは最初から最後まで一人っきりでモチベーションが上がらなかったと言っていたが、昨日、20名で連なって走ったのに、今日のロングはたぶん6~7人くらい。だれも一緒に走ることはなかっただろう。

やはりこういうイベントは100人以上参加して、前を追ったり後ろに追い抜かれないように頑張ったりと、同じ仲間、ライバルを意識しながら走るのがいいね。


その点、「探訪仲良し4人組」は気負わず、楽しく走って、記録もそこそこ良かったみたい。
そんな走り方したい人、今度一緒に走りましょう。




ロードバイクのバナー
クリックしていただけたら嬉しいです



10 件のコメント:

  1. 「探訪仲良し4人組」ですか、いえいえもっと良い名前考えました「GFカルテット(四重走)」私が参加してたら?「GFクインテット(五重走)」それはありません。
    でも楽しそうで良かったですね。

    返信削除
  2. 前日の探ポウに引き続き2日続けてお疲れ様でした。
    やっぱり足の合う仲間と走るのは楽しいですよね!

    返信削除
  3. グランフォンド、お疲れさまでした。
    23日の参加者は16人でしたか〜・・・ちょっと寂しかったですね。
    やっぱり前後に同じゴールを目指す人の姿がみえて、時に一緒に走ったり離れたり競争したり〜 が、イベントの醐醍味だなぁと私も思います。

    今回は15日にエントリー出来なかったので、
    でもコースは走ってみたくて早々に走ってしまいましたが、
    できればやっぱりイベントで走りたかったです。
    来月のグランフォンドには予定が入らずちゃんとエントリーできますように!

    返信削除
  4. 写真ありがとうございます。よく撮れてて嬉しく、家人にも見せました。
    このイザルコ AR2Gチームレプリカなんです~!とても気に入ってて、フォークのところにあるマークと同じジャージにしてます。

    返信削除
  5. ぶるほんアンカーさん
    GFクインテット(五重走)惜しかったですね。
    でもそんなオシャレで都会的な、クールな走りでもなかったんです。
    「ここは三河ジャン」
    「そうダラ」
    「はよ走リン」
    「わたしら尾張ダガネ」
    ってな感じ!?の4人組でした。

    返信削除
  6. こるなごさん
    探訪は20人も集まってくれたのに、ツールドは16人(あとでkitaさんも走ったようですが)
    ロングとノーマルに別れたので、本当にプライベートサイクリングのようになってしまいました。

    平地ではローテーションできるようになれば最高ですが、ちょっと高望みですね。

    集合の時だけでも大勢の顔が見たいですね(^^♪

    返信削除
  7. 秋さん
    遅刻して10時半位にロングに行った人がいたようですが、さすがに追い越されることはありませんでした(笑)

    上りに強いっていうのは大きな武器ですね。
    さぞや気分もいいことでしょう~~(泣)

    返信削除
  8. イザルコさん
    奥様も自転車の趣味に理解があるんですね。

    納得のいく走りができて、
    一緒に喜んでくれる人がいれば、
    楽しさ倍増ですね!

    返信削除
  9. YOSHI
    ATLAS電源の件は、本体スイッチONのまま充電とか、
    通販の電池使用ではないでしょうか。通販の電池は使用可能時間が短いようです。
    私もATLAS頼りで、22日ノーマル走ってきました。ずっと一人旅で乗鞍より心も体も苦しかったです。

    返信削除
  10. YOSHIさん
    そのあたりはちゃんとやってたんですが、
    忘れていかないようにと、早めに切り上げてしまったようです。
    通販の予備バッテリーも2時間ほどは使える予定でしたが、こちらも30分で終了しました。

    一人旅だったんですか?
    ゆっくりと心も体も癒してからGF池田山に行きましょう。ね。

    返信削除