風とともだち---週末サイクリング

愛知県サイクリング協会(ACA)の会員になって
名所旧跡や街道をポタリングしたり、美味しい物を食べて回ったりの「探訪あいち」や
ロングライド、ヒルクライム、グランフォンドと体力の限界に挑戦する「ツール・ド・あいち」など
苦しくも楽しい自転車ライフを満喫しています。

風とともだち---週末サイクリング

風とともだち---週末サイクリング

2013年12月7日土曜日

13.12.07自転車部品・用品

13.12.07自転車用品

前回の探訪あいちでクランクボルトが一つ抜け落ちているのを指摘された。

そのままショップに行って取り付けたかったが、時間が遅くなってしまったので諦めて、今日、じてんしゃひろば遊へいってみた。



 

シマノのアルテグラ用は取り寄せになるということで、汎用品のアルミ部品を出してくれた。
こちらは純正部品とは違って、アーレンキーで締め付けるタイプ。
1つあれば事足りるのだが、5個セットになっていて1,470円は自転車部品ならではの価格設定。
抜け落ちた分を1つだけ取り付けたが、一つだけ違ったボルトを間違い探しのように見つける人がいるだろうか。






リヤライトはソーラー式のと、CATEYEのシェル型のを着けてあるが、ソーラー式のは自動点灯してくれるのはいいが光量が足りず、トンネルの中で車がちゃんと視認してくれているかが不安。
CATEYEのシェル型は購入してすぐに雨の中を走ったせいか、スイッチを押しても点いたり点かなかったりで安定しない。
できればトンネルに入る前に走りながら点灯しやすいタイプのリヤライトが欲しい。
裏の説明書を見ながら、あれやこれや比較検討。
しかし見ていてもよく分からない。そういう時は聞いてみるのが一番。



スタッフに聞いてみる。
明るさは?
取り付け方は?
スイッチの位置は?

「ブルべをされるならオートスイッチのこれがいいですよ」と出してくれたのはCATEYEのREFLEX。
ブルべはしないし、ちょっとでかすぎるとは思うものの、ブルベでも安心という光量と視認性は大いに魅力。そして、スイッチを押したが本当に点いているのか、後ろの車は気づいていてくれるのかという不安から解放されるのがいい。
値段も2,260円というのは自転車用のリアライトとしては標準的なところだろう。



家に帰って単四電池を2本入れたら、すごく派手な光り方をした。
こちらの自転車用品は、次回の探訪でもトンネルや薄暗がりに入ったところでみんな気付いてくれるだろう。



ロードバイクのバナー
クリックしていただけたら嬉しいです
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ



4 件のコメント:

  1. いいですね。僕も買おうかな?

    返信削除
  2. クランクのボルトがはずれるんですか・・・
    いつもよほどエネルギッシュにペダル踏んでいるんですね。
    ついて行けないハズ・・・だ。

    返信削除
  3. kuwanaさん
    夜道を走る人には良さそうですよ。
    5つの発光モードがあって
    ラピッド : 約60時間
    ロングライフ : 約120時間
    パルス : 約30時間
    点滅 : 約100時間
    点灯 : 約30時間
    だそうです。

    返信削除
  4. ぶるほんアンカーさん
    本人と一緒で、少しずつタガが緩んできてるんでしょう(;^ω^)

    返信削除