風とともだち---週末サイクリング

愛知県サイクリング協会(ACA)の会員になって
名所旧跡や街道をポタリングしたり、美味しい物を食べて回ったりの「探訪あいち」や
ロングライド、ヒルクライム、グランフォンドと体力の限界に挑戦する「ツール・ド・あいち」など
苦しくも楽しい自転車ライフを満喫しています。

風とともだち---週末サイクリング

風とともだち---週末サイクリング

2014年4月14日月曜日

14.04.13三河湾シーサイドを走る

14.04.13三河湾シーサイド

春用のジャージにウィンドブレーカーはベスト(袖なし)で輪行。
特急に乗って知立駅からは三河線で各駅停車に乗り換え。
11駅目の終点、碧南駅に8時7分着。

集合場所は碧南港湾会館の駐車場。
早目に着いたと思ったが、もう随分集まっていて、受付には列ができている。
その後もまだまだ増えて、最終的に26名の大所帯。

これだけ多いと昼食の準備が大変と、料理を3種類の中から選んで、幹事さんがそれぞれの数を電話予約。数量をまとめるだけでも、人が移動するから大変な騒ぎ。


集合写真のあとスタートしたら、長ーい列。
この辺りをいつも走って地理のよく分かるコシダさんが最後尾を見てくれる。
aQsimさんも熟知しているということで、中間部を護り、前後のつなぎ役をしてくれる。
自分は中間から後ろあたりで適宜写真を撮ったりしていく。


大勢なのでぶるほんアンカーさんは安全のため歩道をゆっくり目に走る。
いくらも進まないうちに「後ろでパンクしてるよ」と声が掛かったので戻るとhbさん。
最近hbさんのパンクの確率が高い。
その分、手馴れたもので修理の手際もよく、ミニポンプでも空気圧はしっかりと入れている。

さらに数分後、知多のヒツジさんパンク。
ガラスの小片がくい込んだようにタイヤに小さな亀裂が貫通している。
チューブを入れ替えても飛び出してくるかどうかぎりぎりのところ。
手持ちのプラ板を渡したが、空気を入れたあとプラ板は外に落ちていた。
最初からやり直しは辛いので、しばらく様子を見ながら走るということになった。


幹事さんは先頭をペースを決めて牽かなくてはならないし、トラブルが発生すると心配で現場まで戻ってくる。
本当は集合場所だけ決めておいて、サブリーダーに任せてしまったほうが車列も短くなっていいのだけど、言うのは簡単でも幹事の立場としては全責任が自分にあると思ってしまうもの。



一旦247号線の坂を上り下りしたあと南へ折れると、幹事さんがビューポイントとして推奨していた形原漁港大橋。
昇りながら湾曲する青い橋も美しいし、そこからの三河湾の景色や霞んで見える渥美半島の眺めもいい。
ここから先はずっと海岸沿いの道。
タイトル通り三河湾シーサイドを走っていく。


ヨットハーバーを横目に見たり西浦のモーターパークを見学したりして、ヤシの並木の道を走ってパームビーチへ出る。
銀波荘、南風荘、東海園、グランドホテル吉慶など名だたるホテルが集まるところだけに、ビーチもよく整備されて美しい。


 
ここから2段階の激坂を上って昼食会場「みついと」
1つ目はクリアーしたものの、2つ目の激坂は部分的に20%を超える。最後のカーブを曲がってなお激坂が続くようなら諦めて足を着くところだったが、なんとか乗り切った。
半分くらいの人は達成感とともに上り、あとの半分くらいは歩いても足が滑りそうな感じ。


食事処みついとは2人の先客(たぶん店の娘さん夫婦)以外は貸切。
奥の座敷にはすでに海鮮丼が準備されていて、刺身定食を用意しているところ。
大所帯の食事の準備にどのくらい待たされるかと心配していたが、事前の電話が功を奏しておでん定食も含め、そんなに待たされることなく空腹は満たされた。
刺身もいろんな種類の魚があって、評判はおおむね良好。


三河湾国定公園の「夕日が彩る丘」で集合写真を撮る。
aQsimさんはツイッター用にケイタイで撮り、スタッフに送っている。



激坂を注意深く下ったあと、シーサイドサイクリングロードは続く。
海岸は潮干狩りで賑わっている。
バケツいっぱいに戦利品を持って歩いていたりする。

video



吉良のワイキキビーチ前のカフェレストラン「プルメリア」でスイーツ休憩の予定が、大勢過ぎて断られてしまった模様。
ぶるほんさんはどこかでこれを取り戻そうとあちこち当たってみたが、そんなに大勢入れるおしゃれなカフェはない。もっとも参加者も別にカフェに入らなくても、コンビニ休憩で十分と思い始めていた。
最近のコンビニはコーヒーも美味しいし、好きなものが選べるから、へたにカフェで時間を取られるより気軽でいい。


タロウちゃんがいなくなったのは昨日の走り疲れのせいだったようで、いつもの元気がなかったと、見ている人はちゃんと見ているようだ。一人にしておいても心配のない人だからいいけど。


もう一つ吉良の坂を上ったらあとは平坦路。ツールドの三河湾一周のコースを一部走り、矢作川大橋からは三人でスピードを上げて気持ちよく到着。
I戸PAPAとトッシィーさんもすぐにあとを追って到着。
ふだんすぐに反応するぶるほんさんは幹事の役目柄、最後の方をたんたんと走って到着。

毎日毎日天気予報を気にして、大勢参加してくれるのはいいけどその分責任を感じて大変だ。幹事はしばらくやらない。と言いながら、きっと2~3日もすると次はどこへ行こうかと気になり始めるに違いない。


I戸PAPAが乗せていってくれるというので、お言葉に甘えて小牧まで乗せて行ってもらうことにした。
高速を使っていくと、なるほど電車よりずっと速くて快適。
おまけに家まで送ってもらってしまった。
自分で車を運転するのは億劫だが、運転の上手な人に乗せてもらうのは楽ちんでいい。
今後も誘われたら断らないことにしよう。



ロードバイクのバナー
クリックしていただけたら嬉しいです
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


8 件のコメント:

  1. 知多のひつじ2014年4月15日 0:03

    昨日はお世話になりました。
    タイヤの亀裂用に私も真似して用意しようと
    思います。
    タイヤはまだ買ったばかりの新品だったので少しショックを受けましたが一日もってくれたので良しとします。
    昨日はお話しする機会がありませんでしたがまたお会いした時はよろしくお願いしますm(__)m

    返信削除
  2. 本年初回の探訪への参加でしたが、幹事のぶるほんさんや山田さんたちと一緒に走る事ができて楽しいサイクリングになりました。
    いよいよツール・ド・あいちも開幕しますが、今年も「ちょっとハード・かなりマッタリ」のペースで参加しますので、よろしくお願いします。

    返信削除
  3. 25名もの参加者ですよ・・・
    こんな新米幹事の探訪に・・・
    でもFOCUSの山田さんやコシダさん
    aQsimさんなどベテランがいたので
    何も心配していませんでした。

    持つべきものはベテランの友人・・・

    返信削除
  4. 私が加われば27名でしたが・・・前日の琵琶湖で疲れました。(>_<)
    あの店までの上りは並みじゃないですが半数が上ったとは予想以上の人数ですね、
    確かにコンビニの淹れたて珈琲も美味しくなったの分かります。^^!

    返信削除
  5. 知多のひつじさん
    おつかれさまでした。
    一応用意しているんですが、自分ではタイヤに亀裂が入ったことがないので、試したことがありません。
    ガムテープなんかもいいようですよ。
    今度会ったら話しかけてくださいねー。

    返信削除
  6. コシダさん
    お疲れ様でした。
    最後尾固定で大変だったでしょう。
    先頭を牽きたいーって感じでした(笑)
    ツールドでは爆発してください!

    返信削除
  7. ぶるほんアンカーさん
    ほんとに大勢の参加者でしたね。
    三河湾シーサイドは走りやすいコースでした。
    風が出なかったので安心して走れましたね。
    次はどこへ行きましょうか?

    返信削除
  8. ☆うっさ☆さん
    参加できず残念でしたね。
    前日は速い人たちと一緒だったので、そうとう引きずり回されたんじゃないですか(笑)

    初参加の人も多かったんですが、若い人は上っていきますねs(・`ヘ´・;)ゞ

    返信削除