風とともだち---週末サイクリング

愛知県サイクリング協会(ACA)の会員になって
名所旧跡や街道をポタリングしたり、美味しい物を食べて回ったりの「探訪あいち」や
ロングライド、ヒルクライム、グランフォンドと体力の限界に挑戦する「ツール・ド・あいち」など
苦しくも楽しい自転車ライフを満喫しています。

風とともだち---週末サイクリング

風とともだち---週末サイクリング

2014年5月5日月曜日

14.05.04 [探訪] 安曇野サイクリング

14.05.04安曇野探訪

ぱんたあにさんのGW山岳探訪4企画のうちの最後の1つ。
どれも「探訪」の域を超えた厳しいコース。
しかもそんなコースだからこそ参加したいという人たちが集まってくるので、ハードルはますます高くなる。

その中では、集合場所は遠いものの獲得標高と走行距離では何とかなりそうな、しかも名前の響きも美しい「安曇野」
ゴールデンウィーク中に1つくらいは参加したいよね。と話し合って、I戸PAPAとぶるほんアンカーさんの3人で参加することにした。
自分一人では早朝に起きるのも、車を運転するのも躊躇して参加は諦めていたはず。

I戸PAPAの車は3人と自転車3台は楽に乗れるようになっている。
しかも安曇野くらいまでの運転を苦にしない。
というか安曇野センチュリーライドや白馬へは何度もスキーに通っていた勝手知ったる道ということで、こんなに心強いことはない。

 

ゴールデンウィーク中の混雑を避けるために、小牧を4時20分頃出発したおかげで道路は空いていて、北に向かうにつれ夜が明けて、美しい山が見えてくる。


 

集合場所の安曇野ほりがねの里には7時前に到着。
キャンピングカーなんかがたくさん集まっているが、良さそうな場所を見つけて駐車する。

今日の参加者は9人。
早めに集まってきたが、当日参加者がないとも限らないので、一応9時まで待って集合写真を撮った後出発。


ぱんたあにさんが先頭。2番手につけてしまったが、頑張らないと付いていけないほどの速度。
これって自分の体調が悪いのか、昨日の疲れが抜けていないのか、最初から精一杯じゃこの先どこかで離脱することになるかもしれない。
と思って後ろを振り返ると、後続もずいぶん開いている。
「ぱんたあにさん、速すぎる。これじゃ100kmはとても走れない」と言ったら、少し速度を落としてくれた。
追いついた人が声をかける「心拍が250まで上がった!」


 

GWということで観光客の車が多いが、さすがに近くの緑も、その奥にら見える雪を冠った3000m級の山々の姿も美しい。
ところどころビューポイントで止まって撮影会。
今日の探訪は往路は比較的平坦で走りやすい。
I戸PAPAは絶好調で、ぱんたあにさんにピタリと付いていく。これが安曇野センチュリーライド経験者の余裕か。


橋の歩道で集合写真を撮る。
連峰と川の流れが美しいがミニ三脚での集合写真はやっと雪山の頭が見える程度。
ここからいよいよ白馬のジャンプ台へと向かう。



ジャンプ台の下に降り立って、あの上に立ったらそれだけで足がすくみそうな急斜面を見上げる。
記念撮影の場所には三脚も用意されていて顔だけ出すボードの前に自転車も並べて撮った。
順番待ちをしていた表彰台でも大きなジャンプ用のスキー板は横に置いて、自転車のチャンピオン台として使用したが、ほかの人たちからは「変な奴」と思われたに違いない。


 

ジャンプ台のすぐ近くに外観が洋風の蕎麦屋があって、なんとか全員入ることができた。
板敷の和室に先客の地元のサイクリスト6人がいるところに一緒に入れてもらった。
蕎麦を注文しようとしたら、こんなに次から次へと客が来たのは初めてで、蕎麦は売り切れなのでご飯ものにしてほしいと。
山賊丼といって、鶏肉に片栗粉をつけて揚げたカツが乗った丼はこの地方では有名だというので注文して待つこと1時間。
厨房内部はてんやわんやでちょっとけんか腰。


   

午後の部は14時からスタート。
残り半分の行程とはいえ、タイトルが「安曇野CR & 北アルプスGFとなっている通り、後半はアップダウンの連続。
道の駅・美麻から平均斜度7.3%の3.6km。
一旦下って、7.7%を2.4km。
棚田を見たあと下って最後の上り。
三つめは多少ゆるいとはいっても6%を4.3km。ここまでくると足も売り切れているから、苦しいのは一緒。速い人たちのようにペダルはくるくる回らない。途中で諦めないようじっくりと頑張るだけ。



峠には1012M 大峰高原白樺の森の石碑が立っている。
山の夕暮れは早いのか、少し西に傾いたお日様は、雲の陰から薄い光を放ち稜線を青く染めている。
ここまで付き合ってくれたくものたいらさんはここでお別れ。どこかの山の中に消えていった。



もともとこの地にあったのか、会社の保養施設のために植えられたのか、大木の桜は満開をすぎようとしていたが、それにしても圧巻の美しさ。
風に乗って花吹雪を散らす。
もうまもなく午後5時。夏用のジャージではじっとしていると寒い。


寒さをこらえ麓まで一気に下る。
ゴールまではずっと下り基調。軽く37~38km/hで集合場所へ。
上りで苦しんだ3人組も、帰りは意気揚々。





ロードバイクのバナー
クリックしていただけたら嬉しいです
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

12 件のコメント:

  1. 昨日は朝早くから夜遅くまでお付き合いくださり有難うございました。
    今日もまた写真で楽しませていただきました。
    5月の安曇野から白馬は良い季節で特にG.W.は桜を含め春の花が一斉に咲き最高でした。ただ 残念だったのは自分の足が早々と終わってしまったことです。
    ぱんたあにさん来年も頼んでおきましょう。
    自分はもう少し鍛えておきます。

    返信削除
  2. ぱんたあに2014年5月5日 20:05

    今年の夏休み(お盆休み)はちょっと無理のようですので、来年のGWに再企画というのはやぶさかではありません。確かにGWは一番良い時期ですよね。もうちょっとセンチュリーライド重視のコース(グランフォンドはナシで)を考えましょうか?少しは探訪要素も入れて・・・(^^)いずれにしてもお天気次第ですけどね・・・

    返信削除
  3. 今回は本当にありがとうございました
    FOCUSの山田さんとI戸PAPAのお誘いがなかったら、絶対に参加していません。
    お二人に感謝!感謝!です。
    途中でのサポートにも感謝です。

    返信削除
  4. I戸PAPAさん
    本当にお世話になりました。
    おかげで素晴らしいサイクリングを体験できました。
    山や空や緑や空気のすがすがしさに加え、桃やリンゴや桜の花も見事でしたね。

    ヒルクライム用の足の鍛え方ってあるんでしょうかねえ。誰かに教えてもらいたいですね。
    私の場合、今更無理と言われそうですが(泣)
    来年もあるのなら、終わったあとお泊りというのもいいかもしれませんね。完走の祝杯をあげたりして(笑)

    返信削除
  5. ぱんたあにさん
    本当に良い企画でした。
    サイクリングするのに素晴らしい環境で、すご~く楽しかったです。
    グランフォンドの要素はそれなりに自分としては楽しんでますよ。
    待たされるほうはイライラするかもしれませんが┐(´д`)┌ヤレヤレ

    返信削除
  6. ぶるほんアンカーさん
    思い切って行ってみて良かったですね。
    3人揃ったというのがキーポイントでしたね。
    気の置けない楽しい人たちばかりでしたが、それでもあの中に自分一人じゃなかなか参加しにくいですよね。
    次回もあるのならまた一緒に行きましょう!
    温泉付きもいいかも(^-^*)/

    返信削除
  7. この季節、好天の安曇野をサイクリング、もう間違いなく素晴らしいでしょうね・・・
    スキーや旅行で白馬は何度も訪れていますが、本当に大好きな街で、移住してもいいと思っていたくらい。これまたロードバイクで気持ちよく走れたら本当に移住したくなるかも(笑)
    ↑ ぱんたあにさん、来年のGWも企画してくださりそうですね?^ ^

    返信削除
  8. 秋さん
    今年のGWは残念でしたね。
    安曇野~白馬は最高でしたよ(^-^*)/

    移住したら民宿にして、みんなを泊めてくださいね。1泊2日のサイクリングも楽しそ~~!

    返信削除
  9. ロードでは走った事が無いですがONロードも気持ち良さそう、
    MTBではペンションのオーナーの案内でオフロードを仲間と走りましたが白馬はいいですね、
    また走りに行きたくなりました。^^!

    返信削除
  10. たくさん写真を撮っていただきありがとうございました。
    アルプスの景色も素晴らしかったのですが、坂を上った後の満開の桜にも感動しました。来年もこの季節にぜひ再訪しましょう。

    返信削除
  11. ☆うっさ☆さん
    MTBも良さそうですね。
    ロードもすごく楽しめました。
    いつか一緒に走りましょう\(^^)/

    返信削除
  12. コシダさん
    一年を通じても一番いい季節だったんでしょうね。
    上りではぜんぜん付いていけませんでした。
    あれっ、平地もだガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

    返信削除