風とともだち---週末サイクリング

愛知県サイクリング協会(ACA)の会員になって
名所旧跡や街道をポタリングしたり、美味しい物を食べて回ったりの「探訪あいち」や
ロングライド、ヒルクライム、グランフォンドと体力の限界に挑戦する「ツール・ド・あいち」など
苦しくも楽しい自転車ライフを満喫しています。

風とともだち---週末サイクリング

風とともだち---週末サイクリング

2014年8月28日木曜日

ヒルクライム乗鞍スカイライン

14.08.24乗鞍スカイライン

エコーラインの快適なヒルクライムに満足し、翌日の天気予報をスマホで見てもらうと、明け方まで曇りその後は快方に向かうらしい。
ということで安心して温泉にゆっくり浸かり早寝します。

しかしあまりに早く床につくと、逆に眠りは浅く、同室の人のいびきに悩まされることになります。

何度も目覚めて、いっそのこと起きて何かできればいいのですが、電気を点けるのも声を出すのもはばかられ、寝返りを打って気分を紛らわせるくらいのことしかできません。

それでもとろとろしているうちにいつしか午前5時。
6時には朝食が用意されるので、もうそろそろ起きだしてもいい時間です。



民宿のバスは朴の木平まではエンコせずに到着しました。



受付のテーブルや協会のオレンジ色ののぼり旗を出しているうちに何人か集まってきます。


ぱんたあにさんはローラーの準備。
ここにも人が集まってきて、手放しで回すのを感心して見ています。


開会式まではまだ時間があるので、何人かはアップに向かいます。



ところがそのうちポツポツと雨が降り出しました。

受付用紙や備品をできるだけバスの中に入れ、スタッフもバスの中で様子を見ます。

今はスマホで雲の位置をかなり正確に知らせてくれるサイトがあるようで、画面を見ながら意見を交わします。




8時半になって、本来は開会式の時間、このまま放っておく訳にはいきません。
傘をさしたり合羽を着て、雨の中待機している参加者に方向性を伝えなければいけません。



司会を任されてハンドマイクを持っている私が出ていくことになります。


「雲の様子を見ながら判断されるようですが、今のところの感じでは30分遅れの9時に開会式ということになりそうです」
そして見事に9時には雨が上がりました。




それでも案内所のアナウンスは、畳平は気温7℃。途中も濃霧に注意が必要と言っています。
昨日あれだけ気持ちの良いヒルクライムを楽しんだのだから、今日は無理をするのはやめようと、Ohbaya4さんとひげおやじさんと、3人は平湯峠をゴールにしようと決めました。

DNSにするといっているスーさんとtomoちゃんも誘って、平湯峠まではがんばるつもりです。



9時半一斉にスタート。
みんな元気に駆け上がっていきます。





スロースタートの電ちゃんをパスして前を追います。
しかし前がなかなか捕まらないうちに電ちゃんに軽く抜き返されます。

途中、YOSHIさんが止まってレインジャケットを脱いでいましたが、走り出すと少しずつ差を広げられて、追いつくどころではありません。

平湯峠までは6.5kmくらいですが、斜度は平均で9%くらいはありそうです。
昨日の疲れが抜けきらない身としては、やっとの思いで平湯峠に到達といったところです。

それでも去年のように、カンカン照りの中を熱射病になるんじゃないかと心配しながら走ったのと比べると、走りやすい気候です。

このまま行けるところまで行ってみようか、いやいや無理をしないと決めたはず。と気持ちは揺らぎます。
それでも約束をした以上ここで待つのが礼儀というもの。


   

デジカメを構えて待っていると、みんな頑張って上ってきました。

 

スーさんはここまで来た勢いで更に上を目指したい様子。tomoちゃんを引き連れてゲートをくぐります。
ひげおやじさんでさえ、ちょっと心残りな様子。
それでも畳平の低温や下りの寒さを考えると、やはり無理せずこのまま宿まで下っていくことにしました。


これで私たちの今年の乗鞍は終了です。

上るのも苦しいながら楽しい。

上らないと決めるのも決断力が必要。でもこれで正解だったよねと言い合います。

楽しく終えられたなら、また次も楽しみにして参加できるでしょう。



ロードバイクのバナー
クリックしていただけたら嬉しいです
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


10 件のコメント:

  1. 私もスカイライン走る用意をして寝た
    ものの、朝、空を見て、気持ちが萎えて
    しまいました。走るのを止める決断も
    大事だけど、悔いも残るね。
    天気悪ければ走っても楽しくないし、
    (走れたかも疑問だけど)力ない私と
    しては、色々思いのある、スカイライン
    でした。

    返信削除
  2. yuuminさん
    悩みどころでしたね。
    走ったら走ったで達成感があったかもしれないけど、
    前日のエコーの楽しさを
    ぶち壊したくない気持ちもあったので。

    また次のツールドを楽しみにしましょう。

    返信削除
  3. スカイラインの方は残念でしたね。
    私なら平湯峠までも走らなかったと思います。蒸れた路面の下りは苦手です。
    それで参加しなかったのですが・・・
    早く日曜日にお日様が戻って来てほしい~・・・!

    返信削除
  4. ぶるほんアンカーさん
    現地には行っていたので、気持ちが強ければ走ったのかもしれませんね。
    なにしろ「楽しく走る」がモットーなので、頑張りすぎたりはしません。
    そのせいか、年々遅くなっているのはちょっと残念ですが。

    9月からは天気も回復しそうですよ(*^^)v

    返信削除
  5. 絶対上まで行かれるんだと思ってましたよ~。だから平湯峠でお別れは残念でした。
    スーさんに引きつられなだめられつつ(^^;でしたが、腰痛がひどくてつらくって、スーさんにはゴールしてもらい、あと3キロくらいの所で、スタッフバスに拾ってもらっての下山でした。
    スカイラインはホントしんどいです。。。
    来年は、エコーラインだけにしようかな~なんて思ってますが、1年経つと忘れちゃうかも。

    理想はかる~~くなって登りたいでーす。(^^)

    返信削除
  6. tomoちゃん
    お疲れ様でした!
    上まで行ってもよかったんですが、「今日は平湯峠までね!」って約束してたんですよ。
    二日連続はやはりきついでしょ?

    筋力はあるんだから、軽くなったら、かる~く上れるかもしれませんね(^^♪

    返信削除
  7. YOSHI2014年8月30日 21:07

    ヒルクライムでは、先ず山田さんに追い越され、その後 間宮さんに「後ろから何番目」と声をかけられ追い越されるのが常なので、
    レインジャケットを脱いでいる時に間宮さんに追い越された時、山田さんはずっと前に行ってしまったと思っていました。

    返信削除
  8. YOSHIさん
    二日連続で頑張りましたね。
    私は以前のように平湯からスタートするショートコースがあればゴールまで頑張りますが、平湯に辿り着くまでに力を使い果たしてしまいます。
    回復力がないんです(泣)

    返信削除
  9. 去年はエコーラインだったので今年はスカイラインと思っていましたが
    体調不良やら仕事が忙しいやらで見送りましたが
    二日連続で乗鞍を上るなんて同じ年齢とは思えないです。^^;

    返信削除
  10. ☆うっさ☆さん
    乗鞍に来られなくて残念でしたね。
    今年の8月は天候不順にやられましたね。

    お互いいつまでも楽しく乗りたいですね(^^♪

    返信削除