風とともだち---週末サイクリング

愛知県サイクリング協会(ACA)の会員になって
名所旧跡や街道をポタリングしたり、美味しい物を食べて回ったりの「探訪あいち」や
ロングライド、ヒルクライム、グランフォンドと体力の限界に挑戦する「ツール・ド・あいち」など
苦しくも楽しい自転車ライフを満喫しています。

風とともだち---週末サイクリング

風とともだち---週末サイクリング

2014年11月16日日曜日

補助輪卒業!自転車乗り方教室

11/15(土)、11/16(日)は「親子で参加 補助輪卒業!自転車乗り方教室」
2日間の午前・午後にそれぞれ10人で、計40人の参加者。

大野極楽寺公園が参加を呼びかけ、400人ほどの希望者の中から抽選で選ばれた子供たち。
今日は5才~8才の男女児。

昨日はスズカ8時間エンデューロだったので、今日だけスタッフとしてお手伝い。
公園のイチョウはずいぶんと黄葉しています。




午前の部は9:30からの実技。
9時に公園に集合して参加者を待ちます。
参加者が受付にぼちぼち集まりはじめると、ペダルを外してサドルもかかとが地面にに着くまで下げます。
下げても足が届かない子は公園のレンタルサイクルで一番小さいのを借りてもらいます。
乗れるようになる前にサドルに腰かけたまま歩いたり両足で蹴りだしたりする練習があるためです。

   
ここまではGO君が先頭に立って、何周も子供たちを引き連れて回ってくれるので、ほかのスタッフは様子を見ながら声掛けをしてあげるくらいです。

サドルにまたがって両足で蹴りだしたときにふらつかずにまっすぐ進めるようになるとペダルを付け、サドルも上げて実際に乗る練習に入ります。


ここからは一気に体力勝負。
子供たちにとにかくペダルを回させ、サドルの後部を持って一緒に走り続けます。
バランス感覚の違いでしょうか、まっすぐに走るだけならすぐにできてしまう子がいるかと思うと、右へ右へ傾いてしまう子、よそ見ばかりしている子と、一筋縄ではいきません。

そういう子供に声をかけたばっかりに付き合うことになってしまいます。
すると、ほかの子供はどんどん自分で乗れるようになっているのに、こちらは傾こうとするのを力で戻しながらいつまでも走り回ることになります。

それでも10人中、7~8人は乗れるようになって、父兄の方たちも驚いています。


  

2時間で講習会終了。
電ちゃんが全員に、賞状を読み上げながら渡していきます。
乗れるようになった子も、今日はダメだった子もみんな喜んで賞状を受け取ります。


電ちゃんが締めくくります。
今日乗れるようになった子も、まだまだ未熟です。いきなり道路にはでないで、公園でもっともっと練習しましょう。
私たち愛知県サイクリング協会は普段は自転車に乗れる人を対象に、いろいろな活動を行っています。
このお子さんたちがもう少し大きくなって公道を走れるようになったら、お父さんお母さんもぜひ一緒に私たちの行事に参加してください。そして楽しいサイクリングの普及につながっていくようにと願っています。


午後の部を終えると、グランフォンドを一つこなしたほど疲れました。

それでも地道な努力を続ける電ちゃんに、微力ながら協力しようと思います。


ロードバイクのバナー
クリックしていただけたら嬉しいです
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


8 件のコメント:

  1. スズカ8時間エンデューロに続き、お疲れさまでした。
    自分が幼い時、誰にも教えてもらうことなく、知らない内に乗れるようになっていましたが、こんな教室が有ったら良かったのになあ~・・・
    皆さん教えるのも上手いですねえ~・・・

    返信削除
  2. お疲れ様でした。
    とても勉強になりました。子供達の不安そうな表情から、少しずつ笑顔が出始めたのをみて私も嬉しくなりました。
    やれば出来るんです。改めて子供達に教わった気がします。
    自転車が好きになってくれたらいいなぁ〜って思います。
    スタッフの皆さんには、ご指導頂き有難うございました。楽しかったです。

    返信削除
  3. ぶるほんアンカーさん
    スズカは疲れましたけど楽しかったですね!

    昔は大人用の自転車、しかも三角乗りから始めました。
    近所の子が乗れるようになったというので自分も転びながら練習して、それでも数時間で乗れるようになったと思います。
    車が少なかったから転んでも大丈夫でした。

    返信削除
  4. TYR.YURIさん
    子供たちは最初、知らない大人たちの中に入って緊張していましたね。
    親子関係はどうしても甘えが出てしまうので、ちょっと緊張感がありながらの練習がいいようですね。
    乗れるようになった時の喜びは大きいですね。きっと自転車が友達になるでしょう。

    返信削除
  5. いつもお疲れさまです。

    自分は補助輪を外して乗れるのに数日かかった記憶があります。
    でも乗れた時(後ろを振り返ったら 誰もサポートしていなかったことがわかった瞬間)の光景が 実は今もまだ鮮明に頭に浮かびます。それだけ嬉しいことだったのでしょうね・・・
    この日の子供たちも この日の事をいつまでも鮮明に覚えていますね、きっと。

    返信削除
  6. 秋さん
    補助輪から始めたんですか?
    今では三本ローラーの曲乗り。
    進歩するもんですね~。

    私は大人用自転車の三角乗りでした。
    一応乗れるような感じになって、炬燵でミカンを食べていても足がまだペダルを回しているような感覚が続いてました。
    半世紀以上前の話ですがΣ(・∀・|||)ゲッ!!

    返信削除
  7. 希望者400人ですか?スゴいですね。
    お疲れ様でした。

    返信削除
  8. kuwanaさん
    しかも教室が始まるまで根気よく待っているようなんです。
    まだ小さい子たちなので、慌てる必要はないと思いますが、親心としては同じくらいの子が乗っていれば、我が子もと思うんでしょうね。

    ツール・ド・あいちでも抽選をするくらい希望者が集まるといいですね(^^♪

    返信削除