風とともだち---週末サイクリング

愛知県サイクリング協会(ACA)の会員になって
名所旧跡や街道をポタリングしたり、美味しい物を食べて回ったりの「探訪あいち」や
ロングライド、ヒルクライム、グランフォンドと体力の限界に挑戦する「ツール・ド・あいち」など
苦しくも楽しい自転車ライフを満喫しています。

風とともだち---週末サイクリング

風とともだち---週末サイクリング

2014年12月23日火曜日

木曽川沿いに立田木曽三川公園まで100km

14.12.23木曽川沿いに立田木曽三川公園

12月23日(火・天皇誕生日)

久しぶりに一人っきりのサイクリング。
元旦走行会の下見も兼ねて木曽川沿いを走ります。

打上げパーティで貰ったRUDY PROJECTのアイウェアを試してみたいし、足助の下りで音鳴りのしたブレーキの調子を見ておきたかった。
ブレーキは一応掃除をしておいたので特に問題はなさそう。



すいとぴあ江南を過ぎて西に向かうと間もなく138ツインアーチというところで通行止めの柵。
138タワー周辺には自転車も近づけないようにしてあって、サイクリング・ウォーキングロードへ迂回するようになっている。
90cmほどの狭い舗装路はたいてい人が歩いていて、後ろから「どけどけ」というわけにもいかず、芝生の上を走ることになる。MTBならいいんだろうけどロードで走るようなサイクリングロードではありません。



木曽川堤のところで大きく方向が変わり南に向かいます。
新幹線をくぐり、祖父江ワイルドネイチャープラザを通り抜けると、まもなく馬飼大橋が見えてきました。
元旦走行会は橋を渡ることなく真っ直ぐ木曽川左岸を走ることになっていますが、誘惑に負けて馬飼大橋を渡ります。

   

なにしろ木曽川と長良川を隔てるこの背割堤は、いまのところ車の入ってこれない自転車専用道路。
特に南に向かっては微妙に下っているので、楽にペダルを回していても気持ちよいスピード感が実感できます。

ときおり一人、二人で走っているサイクリストとすれ違いますが、思ったほどではありません。
やはり日曜日とは違うようです。

元旦走行会は大野極楽寺公園をスタート地点として、長島の「河口0m」地点までの50km。
今日は自宅スタートで立田大橋の木曽三川公園までがちょうど50kmなので、この入口にある「リバーサイド千本松原」を終点とします。
店内に入ってアイウェアを外したら、見事に濃い青色になっていました。
今日は雲がかかってない場所では日差しが強いようですが、それを感じさせないように目を護ってくれています。
暗い場所ではほとんど透明なのでしっかり調光をしているようです。
なんといっても似合っているところがすばらしい。これから活躍してくれるでしょう。

  
まだ時間は早いですが、中華そばと小ライスを注文してペロッと平らげ、同じ道を引き返します。
輪中の里へ行く手もありますが、やはりこの先は日曜日と違って車が多いのできょうはここまで。


   

帰路はやはり微妙な傾斜のせいか、また風も出てきたようでスピードが上がりません。
でも予定より早いので急ぐ必要はありません。
重いギヤにしてゆっくり回したり、軽くしてケイデンスを稼いだり、両手離し・・・これは出来なくなっていました。
人も自転車も少ないので、センターライン上を我が物顔に走ります。
おおむね大丈夫ですが、微妙に数センチはみ出したりするので、平均台の上ならすぐ落車でしょう。
写真ではフライトデッキが54.6km/hになっていますが、これはなぜか実際の速度の2倍です。

  

138ツインアーチが見えるところまで走って来たら、舗装は突然とぎれています。
でも工事がだいぶ進んでいて、もうすぐつながりそう。今年度中の工事なのかもしれません。


大野極楽寺公園に寄ってみようかどうしようかと思いながらそのまま通り過ぎると、前から電動マンさんがやってきてすれ違いました。
一声かけただけですが元気に走っている様子。また一緒に走りたいですね。


 

そのまま帰ってしまうと2~3km不足しそうなので、扶桑緑地へまわってみました。
ここはどちらかというとランニング・ウォーキングロードなので自転車も10km/hくらいにします。
犬山城が見えるところまで来ると、案内板が出ていました。
「荻生徂徠が李白の詩にちなんで『白帝城』と讃え以後別称となった。日本最古の城である」
城と名の付くものは数々あれど、これは国宝です。


自宅到着は14時15分。
CATEYEのサイコンで102.29km。ATLASは99.7kmですが、時速4km以下はカウントしない設定にしてあるので微妙に距離に差が出るのでしょう。
もちろん今日は102.29kmを採用です。
ほとんど真っ平らな堤防道路。それでも獲得標高は200mあったようです。

来週は走り納めの知多半島背骨道。アップダウンが厳しいですが、楽しんで走ってくることにしましょう。




ロードバイクのバナー
クリックしていただけたら嬉しいです
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


4 件のコメント:

  1. 私も今日、木曽川と長良川の背割り堤を走ろうかとも思っていたのですが、知多の方へ行ってしまいました。
    途中で帰って来ましたが・・・
    年末もお天気良ければ、沢山走りたいですね・・・

    返信削除
  2. 木曽川の堤防上を走っても意外と獲得標高があるんですね、
    両手離しは万一の事を考えるとやはり出来ないですね、^^;

    返信削除
  3. ぶるほんアンカーさん
    おしかったですね!
    一人の時は何といっても安全な木曽川サイクリングロードです。
    変化がないのが残念ですが、LSDには最適!

    返信削除
  4. ☆うっさ☆さん
    ほとんど真っ平らなんですが、堤防に上がったり下りたりだけで累積されるんですね。
    でももう少しアップダウンがあったほうが飽きないです。
    ちょっとはコースを外れてお店に入るとか、変化をつけないといけませんね。

    返信削除