風とともだち---週末サイクリング

愛知県サイクリング協会(ACA)の会員になって
名所旧跡や街道をポタリングしたり、美味しい物を食べて回ったりの「探訪あいち」や
ロングライド、ヒルクライム、グランフォンドと体力の限界に挑戦する「ツール・ド・あいち」など
苦しくも楽しい自転車ライフを満喫しています。

風とともだち---週末サイクリング

風とともだち---週末サイクリング

2015年6月28日日曜日

ロングライド・渥美半島・浜名湖

15.06.28LR渥美半島・浜名湖

恒例の三河湾一周がフェリーの廃止で開催できなくなったことを受けて、今年のロングライドは渥美半島一周になりました。

ノーマルコースは渥美半島内の73kmですが、ロングコースは浜名湖一周を含む154km。
ただしロングコースでも後半はほとんど平坦なので、無理をしなければ走れそうな距離です。

トッシィーさんと、「今回はロングだね。体調と相談しながら、無理そうなら71km地点で左折してノーマルということで」と示し合わす。


今回も少し前の天気予報では微妙だったせいもあって、欠席した人もいて、参加者は73名らしい。
ほとんどの人たちがロングに向かうだろう。






スタートの様子を撮影して、最後尾のOhbaya4さんとMorimo10さんのファットバイクを確認してから後を追う。
二人はサポートライドに徹底するつもりのようだ。


少し走ると、トッシィーさんやI戸PAPAが待っていてくれた。
3人で少しずつ前のグループを追い越していく。
老津に着く頃にミシガンさんの後ろに付きました。

朝からの強風は三河湾大橋では横風となって猛威を振るっています。
橋の上の上りは体力を消耗させます。


Cycling speedoジャージの人が前へ出る。
これに遅れじとピタリと後ろにつきます。
この強風ではまともに風を受ける先頭と、風を避ける二番手ではそうとうに力の差があっても大丈夫なはず。


白谷、仁崎から馬草港へと海岸線を走りぬけ、宇津江を過ぎても後ろにはミシガンさんやトッシィーさん、I戸PAPAと位置関係は変わらないようだ。
YOSHIさんのグループや更にはつくさんとトントンさんとコシダさんのグループも追い抜いて、快調に飛ばしていきます。
このペースでなんとか伊良湖まで牽いていってもらいたい。


ところが、マラソンじゃないけど魔の30km。
突然足が回らなくなります。
いったんCycling speedoジャージの人との距離が開くと、もうどんどん離れるばかり。
ミシガンさんが前に出て牽いてくれようとするが、それにも付いて行けず、先に行ってもらいます。
後ろについていた人たち何人にも抜かれますが、どれもそのまま見送るしかありません。

トッシィーさんとI戸PAPAはもう少し前から千切れていたようで、後方には誰も見えません。
このペースでなんとか伊良湖まで行って、休憩しながら二人を待つことにします。

しかし待つまでもなく大きく左に旋回する手前で二人に追いつかれました。

 

伊良湖ビューホテルを正面に見据え、今回いちばんの急坂です。
さきほど追い抜いていった人達の姿も見えます。
坂を上り切ると絶景ポイント「恋路ヶ浜」
波がうねり岩にぶつかって白波を立てています。


 

坂を下りたあと、先頭を走っていたトッシィーさんが急に左に旋回。
左後ろに付けていたI戸PAPAはフルブレーキ。間一髪、難を逃れました。
トッシィーさんは誰かの姿を見つけたのでここに入ろうと思ったようです。
「日本で2番目においしいかき氷」の「かわぐち」メロン半割の上にかき氷が乗ってくるので有名です。
☆うっさ☆さんが先週行った時は1600円だったそうで、時価相場なのですが、今回はパス。


45km地点のコンビニで、休憩しがてら今後の相談をします。
I戸PAPAはロングではなく浜名湖の入口まで行く110kmのコースを考えてきていましたが、自分としては足を使いすぎ、しかもこの強風で転倒や車との接触の危険性もあるのでノーマルコースを選択。
分岐点まではあと25~26km。


自分の選択が正しかったと感じる26kmでした。
追い風で、ときには40km/hオーバーするほどですが、ほんのちょっとした上り坂で二人に置いて行かれます。
街路樹剪定の落ち葉や枝が風に舞っています。
四ツ辻ではさらに強烈な横風。
大型車に遮られると右に吸い寄せられ、離れると左に吹き寄せられます。

太もも内側が攣りはじめました。
大した坂ではないものの、アップダウンの繰り返し。
もう二人とは100mも離れてしまいます。
ときどき振り返っては速度を落としてくれますが、なかなか追いつけません。


71km地点。
左折すればノーマルコースのゴールです。
ところがトッシィーさんは真っ直ぐ行ってしまいそう。次の信号が正規ルートと言って、結局大回りしてしまいました。

二人に追いつけぬままゴールして、自転車を降りたところで右足太もも内側が固まって動けず。
記録を代筆してもらいます。
その間にゴールしたジェームス・ディーンさんは嫌な顔もせず順位を譲ってくれました。


この走り方では最後の方の順位かなと思っていたら、9・10・11位と意外にも早い順位でした。
ミシガンさんは11:08ゴールで5位。
その前に10:58ゴールの大矢さん。
ノーマル1位はピンクパンサーさんで10:49ゴールでした。

自分が足を引っ張らなければ11:21のコシダさんに届いたかどうか。
どちらにしろ順位には関係なさそうなのでやれやれです。


 

40名以上がノーマルで帰ってきました。
この強風では無理してもしょうがないと思った人が多かったのでしょう。


ロングの1位はK宮さん。
この人の力量を持ってしても、浜名湖からの帰りは20km/hがやっとだったそうで、改めて判断が正しかったと実感しました。

前半に飛ばし過ぎたというのもあったのでしょう。
それより5月末の琵琶湖以来、体調不良や葬儀や中部ラリーの会議で一度も自転車に乗っていなかったことが大きいかもしれません。
精神的にも肉体的にもきつい1ヶ月でした。


久しぶりに足が攣るほど頑張って走りきった達成感や開放感。
サイクリングの醍醐味を再確認しました。

帰りはI戸PAPAに乗せて行ってもらい、車中で次のイベントの参加計画と、また気分が前向きになってきました。

          出発時刻 : 8:00
          到着時刻 : 11:26
          走行距離 : 76.04km
          走行時間 : 3:03:13
          平均時速 : 24.9km/h
          最高時速 : 49.7km/h


よろしければクリックお願いします


16 件のコメント:

  1. FOCUSの山田さん、やっぱりツールドと言うと血が騒ぐのですね・・・?
    この日はスゴイ風でした・・・
    私もあじさいの里からの帰り道最後の最後で足が痛くなりました。
    こんなこと初めてです。
    富士山は無風か追い風で走りたいです。

    返信削除
    返信
    1. ぶるほんアンカーさん
      「探訪」もいいけど、たまには力の限り、思う存分スピードに乗って走りたいものです。
      風を感じて・・・どころか、危険を感じるほどの強風でしたが。
      富士山は絶景を楽しみながら、写真もいっぱい撮りたいですね。

      削除
  2. Focusの山田さん
    あの強風だと一人だったらDNSででょうね。
    それでもいけるのがツールドあいちの良いところ。
    最初からノーマルコースと決めてペース配分していましたが、デローザロングゲージの方に50km過ぎまで牽いて貰って自力ではあり得ないペースで気持ちよく乗れました。
    73km程度の距離でしたが、地図確認以外は休憩なしだったので、びわいち並みに体力使った様な感じでしたね。山田さんをちぎってしまうとは意外。では次のライドで!

    返信削除
    返信
    1. ミシガンさん
      あの強風の中、果敢に攻めて行きましたね。
      アメリカ食ですっかり体力をつけてきたということでしょうか。
      ガーミンをつけて地図確認の必要がなくなれば、TOP3に入りそうですね!

      削除
  3. 凄い強風でしたね。
    私も一旦ロングコースへ向かいましたが、横風に煽られて身の危険を感じたので、引き返してノーマルでゴールしました。
    自転車は風や雨などの自然と密接に関係しているスポーツであり、そこが苦しくも楽しいところだということを改めて認識しました。

    返信削除
    返信
    1. コシダさん
      ロングから引き返して、あのタイムだったんですか(驚)
      どんな練習を積んでいるんですか?

      強烈な横風は危険です。
      いくら頑張ると言っても、楽しかったと言ってゴールしたいですよね。

      削除
  4. お疲れ様でした。お昼 ごちそうさまでした。
    トッシーさんと信号で切れた時に
    ちょっと速すぎ ずーと口が開いているので少し落とそう
    と話して あえて山田さんを追うのをやめました。時速にして3~4キロ
    位だと思いますが・・それで随分楽になりました。
    あのまま行っていたら山田さんどころではなくリタイヤになってたかもです。
    お昼の喫茶店で自分も足が攣りそうで だらしのない座り方になってました。
    次からはヒルクライム 苦手なジャンルですができるだけ参加しようと思ってます。
    富士山で楽に走れるように登るぞ~!!

    返信削除
    返信
    1. I戸PAPAさん
      気持よく付いて行ったら、すごく良いタイムでゴールできるんじゃないかと思った私はアホでした。
      ちゃんと練習していないと急激にダメージがくるんですね。
      次週はヒルクライム。
      練習する時間もありません。
      楽しみ半分、あとの半分は雨で中止になったらいいのにと・・・

      富士山は楽しみですね~
      こちらは100%晴れて欲しいです!!!

      削除
  5. 強風の渥美半島をAV.24.9Kmで走るとはとても真似できない走りですね、
    これほど走れるのだから完全復帰で良かったです。(^o^)丿

    返信削除
    返信
    1. ☆うっさ☆さん
      伊良湖までは強烈な向かい風。
      でもそのあとは追い風だったので、その辺を計算して体力を温存すれば
      トッシィーさんやI戸PAPAの足を引っ張らずにもっと良いタイムが出たはずなんです(泣)
      でも後のことを考えずに目一杯漕いで、気持よかったです。

      削除
  6. トッシィー2015年7月1日 21:50

    前回の笠取山は一人でノーマルコースでしたが、やはり山田さんの元気な姿や
    I戸PAPAさんが見えたので一緒に走れると思いホットしました。
    それにしてもすごい向い風でディープホイールのためハンドルがとれれないよう
    しっかりと抑えていたので結構疲れました。
    メロンアイスは又のお楽しみにとっておきます。
    今回の教訓:急に曲がらない、止まらない。

    返信削除
    返信
    1. トッシィーさん
      お疲れ様でした!
      琵琶湖以来のサイクリングでしたが、一緒に走っていただいて心強かったです。
      メロンアイスは探訪に取っておきましょう。

      ヒヤリハット!間一髪でした。
      手信号する余裕がほしいですね。

      削除
  7. お疲れ様でした〜
    この日、やっぱり渥美半島は爆風でしたかーー 山の中も結構な強風だったので・・・
    今回のツールドは うっかりエントリーするのを忘れてしまって。かわぐちのかき氷が食べたかったのですが。
    今週末は天気ビミョーですね。。。昨晩、迷いに迷って一応エントリーはしましたが・・・

    返信削除
    返信
    1. 秋さん
      こんな爆風の日は山の中に限りますね(笑)
      こるなごさんも秋さんたちもいないので少々さびしい大会になってしみましたが、コースは三河湾より走りやすいと思いました。
      今週末は苦手なヒルクライム。
      ・・・秋さんにとっては力試しの場所ですね。

      削除
  8. YOSHI2015年7月4日 8:49

    山田さん、完全に復調ですね。
    向い風の中、つくさんトントンさんに付いていけず、
    「かわぐち」前で待って頂き一緒にかき氷を食べました。
    かき氷と帰りの追い風が無かったら、ノーマルコースも
    危うい状況でした。笠取山以来、体力;気力ともに減退ぎみです。
    先日、人間ドックで胃にポリープが見つかったが精神的ダメージかも?今は組織検査の結果待ちです。

    返信削除
    返信
    1. YOSHIさん
      結果待ちはドキドキしますねー。
      お互い無理はできない年齢になってきましたね。
      気力だけは・・・と思っても、こちらも思うようには行きません。
      ぼちぼちと楽しみを見つけながらやっていきましょう。
      同じような人がいると思うとホッとします(^^ゞ、

      削除