風とともだち---週末サイクリング

愛知県サイクリング協会(ACA)の会員になって
名所旧跡や街道をポタリングしたり、美味しい物を食べて回ったりの「探訪あいち」や
ロングライド、ヒルクライム、グランフォンドと体力の限界に挑戦する「ツール・ド・あいち」など
苦しくも楽しい自転車ライフを満喫しています。

風とともだち---週末サイクリング

風とともだち---週末サイクリング

2015年8月23日日曜日

乗鞍スカイライン

15.08.23HC乗鞍スカイ

土曜日のエコーラインに続き、日曜日はヒルクライム乗鞍スカイライン。
去年までの朴の木平第3駐車場がバスの待機所になってしまったため、集合場所が変更になっています。


五色ヶ原駐車場。
岐阜新聞の大会もここからスタートという、かなり広い駐車場。
ただしトイレの設備がなく、案内所が開くのを待たなければいけません。
そのため9:30開会式、10:00スタートと全体に繰り下げています。


開会式の時間も山には霧がかかり、思ったほど晴れてきません。
でも畳平は晴れているという情報も入ってきています。

昨日より参加者も増え、特にショップの紹介で来た若いグループもいて華やいでいます。




 

スタート待ちをしていると、下から振り分け荷物のランドナーが上がってきました。
日本縦断中の熊本大学の学生さんです。
峠を越えて松本方面に向かう途中だそうです。


 
 

さあ予定通り10:00スタート。
今回のカメラ位置は道路の左端ですが、路肩がほとんどないので、自転車はすぐ目の前を通過していきます。
いつになくドアップで写っています。


平湯峠までは例年より距離が短くなったとはいえ、4kmちょっとの距離の平均勾配が10%を超えるという厳しさ。
しかも霧が晴れたと思ったら直射日光が照りつけます。
序盤から体力がどんどん奪われていきます。
自分ばかりではなく、トッシィーさんもあえいでいました。


平湯のゲートで止められると聞いていましたが、係の人は「そのまま進んでください」と言ってくれました。
「どこから来たんですか?」「愛知県です」それだけで済みました。


平湯峠の先は少し楽になると思っていましたが、昨日の疲れに今日のここまでの疲労が重なって、楽になるどころではありません。
それでもまた霧が出てきて、涼しくなったのには助けられました。
トッシィーさんの前に出て、牽いていこうとしましたが付いてきません。
気力が回復したらすぐに追ってくるだろうと、そのまま進みます。


工事の一時停止でN橋さんたちに追い付きましたが、信号が青になると同時に元気に駆け上がって行ってしまいました。

 

あとはずっと一人旅。

ゴール近くになっていったん下りになってまた上り返すところは、分かっていてもがっかりします。
小径車を押している人がいます。参加者ではなくどうも一人で乗鞍にきた人のようですが、自分も下りて話しながら歩いて行こうかという誘惑に駆られます。

 

でもあとひと頑張り。
まもなくゴールというところでぱんたあにさんがホイールを持って立ち止まっています。
「パンクで危うく落車するところだった!」
しっかりと対応ができたからいいようなものの、下りでのトラブルは致命傷になりかねません。



ゴール。
昨日とは違い、日差しの中でみんなくつろいでいました。
あっちでもこっちでもそれぞれ座り込んで話が弾んでいます。


 


乗鞍岳の標識の前で写真を撮り合ったり、偶然会った別グループの人も一緒に写真に収まったり。無理やり割り込んできて爆笑を誘ったり。


ショップ仲間のグループは若いだけにノリがよく、周りの雰囲気が一気に明るくなります。
写真のポーズも自然体でかっこ良く決まりました。
愛サイの行事もこうやって若い人たちが大勢参加してくれるようになると、また楽しみが増していくでしょう。


2日連続のヒルクライムはもう無理かなと思っていましたが、涼しい気候に助けられ、大勢の仲間に励まされ、楽しいサイクリングになりました。


よろしければクリックお願いします







8 件のコメント:

  1. 乗鞍スカイライン、若いころ車で何度も何度も走ったので道なりは熟知していましたが、キツカッタ!です・・・
    もう少し?いやもっともっと速く走れば皆さんと一緒に記念写真撮れたのに残念です。
    来年はどうしようかなあ~・・・?

    返信削除
    返信
    1. ぶるほんアンカーさん
      スカイラインはキツイですよね。
      最初の平湯峠まででも諦めようかと思ってしまうほどです。
      来年のスタートは平湯温泉になりそうです。
      少しゆるくなるし、帰りは天下の名泉に入れますよ。

      削除
  2. ぱんたあに2015年8月28日 21:15

    今回はホントに怖かったです。でもとても良い経験になりました。
    今までも慎重に下っていたのですが、さらに慎重になりそうです。(^^;

    返信削除
    返信
    1. ぱんたあにさん
      久々のコメントありがとうございます。
      あの場で止まろうかと迷いましたが、ご無事のようなのでゴールを目指してしまいました。
      上りの途中でパンクしても手間がかかるだけの話ですが、下りは大怪我につながることもありますからね。
      今回は適切に対処できたので良かったですが、慎重に安全な速度で下るのが一番ですね。

      削除
  3. 表紙の写真が変わりましたね!

    乗鞍の2日間、お疲れ様でした〜(もう1週間前のことになってしまいましたが)
    エコーラインの天気は残念でしたけど、2日めは そこそこ景色も楽しめて、そんなに暑くなかったし、ゴール後のお楽しみも堪能できて よかったなー、と。

    来年は平湯側からスタートかも、ですか?! 
    平湯峠の反対側ルートはどんな勾配なんでしょ?
    来年も乗鞍2日間、走れるといいな〜 

    返信削除
    返信
    1. 秋さん
      お疲れ様でした!
      私が撮った写真はみなさん勝手な方向を向いていますが、本番の時はちゃんとカメラに向いていますね(笑)
      やっぱり山は天気が良くてゴール後にみんなとおしゃべりできるのがいいですね~。
      暑すぎるのはイヤですが。
      来年は平湯大滝からスタートになりそうです。平湯温泉で疲れを癒してから帰れますね。

      削除
  4. 山田さん、すごいな~といつも思います。
    私より年上なのに、軽々と走って行っちゃう。
    乗鞍に行く前に、ショップで走り方を聞いたら、
    踵で1時から5時までペダルを廻す、みたいに、ベテランのサイクリストから
    アドヴァイスいただきました。
    それをいきなり乗鞍でやったので、あと、筋肉痛になりました。
    今日、ショップに行って、そうじゃないんだよ、と言われました。
    個人個人にあった走り方って大事、と思いました。

    返信削除
    返信
    1. yuuminさん
      年齢は大雑把に言えば、同年代でしょ。若く見えるけど(笑)
      坂道の上り方は難しいですね。
      私はくるくる回して上っていく人に見とれながら、よっこらしょよっこらしょと上っていますが、いろんなタイプの人がいるようですね。
      アドバイスも大切ですが、いきなりやっちゃ筋肉痛でしょう。
      お大事に!

      削除