風とともだち---週末サイクリング

愛知県サイクリング協会(ACA)の会員になって
名所旧跡や街道をポタリングしたり、美味しい物を食べて回ったりの「探訪あいち」や
ロングライド、ヒルクライム、グランフォンドと体力の限界に挑戦する「ツール・ド・あいち」など
苦しくも楽しい自転車ライフを満喫しています。

風とともだち---週末サイクリング

風とともだち---週末サイクリング

2016年6月12日日曜日

GF三重・南伊勢サミット

アルバム

厳戒態勢の中、5月26日・27日に開催された伊勢志摩サミット。

まさに先進国の首脳をお招きするに値する風光明媚の地。

五桂池ふるさと村を発着点とし、五ヶ所湾から熊野灘を望み、伊勢神宮を回ってくる、ノーマルコースは92km.。
鳥羽まで足を延ばすロングコースは139km。

自分はノーマルコースしか考えていなかったが、I戸PAPAは時間があればロングに行きたかったらしい。
確かに山の中のコースより、ずっと海を見ながら走るロングコースのほうが快適に違いない。
晴れていれば。


今日は曇から雨の予報。
見晴もあまり期待できないし、雨になる前にゴールしたいので、今日はなんとしてもノーマル。

実は大問題が解決できていなくて、どうしてもI戸PAPAに先導してもらわなくてはいけない。
というのも、Google APIの変動とかで、ATLASにルートラボを読み込むためのTourplannerというソフトが使えなくなってしまっている。
ソフトを立ち上げた途端にエラーの警告が出て、お手上げ状態。
紙の地図を1枚持っているだけ。
もし置いてきぼりを食らったら、即、DNF。



行きの山中では降られたものの、開会式は曇り空の中で。
夕方まではなんとか保ちそうという情報も。







スタート写真を撮って後を追いかけたら、I戸PAPAが最後尾。
その前の集団はEkicycle。
この集団で一緒に走るのも悪くないけど、今日は別行動にしようとI戸PAPAを促して前に出る。


しばらく走っていると、前に5~6名の集団。
ほんのちょっとずつ差を詰めて、やっと追いついたらまた前に集団が見えた。
と思ったら、I戸PAPAがすぐに前を追い始める。
こんな序盤から離されるわけにはいかないので、ギヤチェンジをして後ろに付く。


まもなくロングとノーマルの分かれ道。
ロングは身の方に南下、ノーマルは山に向かって。

峠道に入ってもI戸PAPAは意気軒昂。
鴻坂峠はコース案内で聞いた通り、枯れ枝、細かな落石、苔と、ロードバイクにとっては難敵が揃っている。
そんな中、「峠は27km地点?」と聞くので、「だいたいそんなところ」と応えると、前の人をパスして見る見る引き離していく。
坂道でこんなに元気なI戸PAPAを見るのは初めてだ。密かに練習してきたに違いない。
K合さんと二人、いや後ろにも2人くらいいるらしい。峠付近でやっと追いついた。

下りはさらに危険。
カーブで苔に車輪を取られたら即転倒だ。


女性がパンクで立ち往生。
仲間の人達が上り返してきたのでそのまま下るが、この状況じゃ誰がパンクしてもおかしくない。


なんとか無事に下りてきて、平地をしばらく走ると右手に五ヶ所湾の海がちらっと見える。
すぐに防波堤が現れて、ほとんど隠れてしまう。

39km地点に唯一のコンビニ。
次の峠に備えてI戸PAPAがレッドブルを手にするのを見て、真似して初購入。
ついでに2runも一粒飲んで、準備万端。

剣峠は標高は高いものの、先ほどの鴻坂峠よりは楽な印象。
突然「バシッ!」と音がして、I戸PAPAがパンクかと思ったら、スプロケにゴム状のものが巻き付いて、それが切れた音らしい。



しかし道端にそんなゴムひもが落ちているはずもなく、やはりI戸PAPAのタイヤから飛び出たシーラントだった。

チューブラーのパンク修理は簡単じゃない。
そこに大粒の雨。
たまたま近くに駐車していた人たちが、雨よけになる樹の下へ呼んでくれた。


修理中に何人か通り過ぎていく。電ちゃんも一人できて、写真を撮って上って行った。



峠まで行くと、先ほど通り過ぎていった人たちが集まっている。
というより、YOSHIさんがパンク修理の最中。
やはりだれにでも起こりうるので他人事と笑っていられない。




そろそろ下りようとした時、1台の車が来た。
難しい漢字は「庁」の旧字体らしい。要するにこの剣峠までが伊勢神宮の森林で、この保全のために見回っている人たちが乗る車のようだ。
「この先で女性が転倒して軽症を負ったので、皆さんも十分に注意してください」
結局ACAのことやツールドのことなど、会話が広がり、時間がどんどん経過していく。






そのうちEkicycleのトップが上がってきた。
鴻坂峠を回避し、南下するきれいな道を走ってきた。距離は伸びても快適な道だったようだ。
そして単独で下るチャンスを逃して、結局Ekicycleメンバー全員が揃うのを待って記念撮影。
ついでに三重大学の学生さんも一緒に。



I戸PAPAに続いて下り始める。
下り始めは九十九折りの急斜面。ゆっくりゆっくり下りても後ろが続いてこないので、こんなスピードでも大丈夫なんだと確認。
そのうち電ちゃんが追い抜いて先頭に立つと、I戸PAPAも続いて速度を上げる。
自分は速度を上げずに一人旅。
でも一本道なので、道に迷うことはないはず。
ちょっとアップダウンもあり、楽しくもあり不安な感じもする道。
伊勢神宮の所有領地は広大だ。




突然目の前が開けたら、そこは伊勢神宮外宮。
広い駐車場に観光バスがぎっしり。

I戸PAPAが手を挙げて待っていてくれた。











そのうちEkicycleのメンバーも下りてくる。
下りてこない人もいる。やはりパンクしたようだ。
応急処置をしてきたのか、ここでもパンク修理のやり直し。
タイヤがリムにきれいに入っていなかったのか、指摘が入り、さらにやり直し。





さあ、出発という段になって、電ちゃんスローパンク。
もう一度仕切りなおし。
どうせこうなったら時間も時間なので伊勢うどんでも食べていこうと伊勢市駅へ。




柵烏日のブラタモリを観ていて、「伊勢うどんは食べたくない」と言っていたのに、結局、伊勢うどんと手こね寿司のセット。
量が多すぎて全部は食べきれません。



さあ、ここからはツールドペースで帰路につきます。
牽くのはトッシィーさん。余裕の走りです。
後ろに11名引き連れて、楽々走っていきます。
雨はもう土砂降りと言っていいほど。
それにしてもEkicycleの女性たちは元気いっぱい。
同じジャージ姿のyuuminさんも、一歩も引けを取らず快調に付いていきます。

このままついて行けるだろうかと不安になりながら、あと10km。あと8kmと残り距離を数えながら付いていきます。
最後にちょっと上ってゴール。
15:35

ほとんどの人がゴールして帰っていったようです。
ノーマルの人たちはもちろん、ロングの人たちも。
待つこと数分、全員のゴール確認。
今日も1日たっぷり楽しいサイクリングでした。





同じ日、富士ヒルクライムに参加したしろたまさんから、よく晴れて美しい富士山の写真が送られてきました。
やはりサイクリングの日は晴れてほしいですね。











ロードバイクのバナー
クリックしていただけたら嬉しいです

8 件のコメント:

  1. FOCUSの山田さん、お疲れさまでした。
    このグランフォンド是非参加したかったんですが、毎年この時期マンションの総会が
    じゃまします。残念!
    この峠や五ケ所湾、その先の贄湾、小3の夏休みに行った思い出の地です。
    まだ未舗装の大変な峠道でした。
    集合場所の駐車場は何時でも駐車出来るのですか?
    出来ればプライベートで走ってみたいのですが・・・

    返信削除
    返信
    1. ぶるほんアンカーさん
      参加できず残念でした。
      ぶるほんアンカーさんが来ていたら、ぎりぎり雨に降られずに済んだのにねと話していたんですよ。
      鴻坂峠はやめたほうがいいです。Ekicycleの人たちはロングのように南下して、コンビニで合流するルートを選んで正解だったようです。
      (108kmと10kmくらい長くなりましたが)
      晴れた日なら、ロングコースの景観はいいでしょうね。
      駐車場はたぶん大丈夫なんだと思います。

      削除
  2. 日曜日はお疲れ様でした。
    サクサクとショートを走る予定でスタートしたのになぜか
    また 最下位でしたね。腰の調子が今年は少し良いみたいなので
    昨年までよりは出力が出ているのかな?
    でも 相変わらずなのはパンクが多いこと。
    また タイヤを調達しなくてはならなくなりました。それに付随で
    シーラントやチューブラー用の両面テープも・・・・・
    パンクも小さな穴なら塞がる予定なのになぜかかなりの穴が・・・
    もし 来年同じコースなら天気にかかわらずロングに行きたいですね。
    伊勢志摩に行ったのにあの 海と島々が見られないのは残念でしょうがないので
    宜しくおねがいです。
    今日も両足の筋肉痛です。昨年まではなかなか筋肉痛になるほど走れなかったので
    今年は良くなってるのか?または錯覚なのか。
    また ツールドよろしくです。

    返信削除
    返信
    1. I戸PAPAさん
      お疲れ様でした!
      今回は100%I戸PAPA頼りだったのに、坂で置いていかれるかと思いましたガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
      せっかく伊勢志摩まで行ったら景観を楽しみたいですよね。
      最近はどうも意欲がなくて、楽にゴールしようと考えてしまいます。
      また引っ張っていってください。

      削除
  3. トッシィー2016年6月15日 22:12

    雨脚が早まったのが残念でしたが、お疲れ様でした。
    tomoちゃんが鴻坂峠を回避して南下したら雨も降らず
    小刻みなUpDownコースで快適に走れました。
    最近はekicycleで阿吽の呼吸で私がスタートすると、
    メンバーが走りますので、結局は牽くことになりますが
    後ろからの追従が激しいので、おちおちと先頭を走るのは焦ります。
    山田さんは結局ekicycleと一緒に走る運命ですので先に行ってもダメですよ。
    次回も一緒に走りましょう。

    返信削除
    返信
    1. トッシィーさん、雨に中お疲れ様でした。
      機材に頼らなくても地図が頭のなかに入っている頼もしいパイロットですね。
      みんなが頼ってくるはずだ~。
      それにしても、ekicycleのメンバーは休憩は長いけど走るのは速いですね。
      いつまで付いていけるかな~?

      削除
  4. 快調に見えてたら嬉しいわ。
    去年12月からほとんど走ってないし、
    まだ完全復調してないので、
    実のところはトッシーさんや
    ekicycleのメンバーのフォローで、完走
    出来た感じ。
    100km走れてよかったです。
    鴻坂峠を回避して途中までのロングコースは、
    道もよくて、それこそ快調でしたよ。

    返信削除
    返信
    1. yuuminさん
      もう完全復調でしょう。いい走りしていましたよ。
      脚の揃ったメンバーで走るのは気持ちいいですね(^-^*)/
      次回は完全ロングコースですね。

      削除