風とともだち---週末サイクリング

愛知県サイクリング協会(ACA)の会員になって
名所旧跡や街道をポタリングしたり、美味しい物を食べて回ったりの「探訪あいち」や
ロングライド、ヒルクライム、グランフォンドと体力の限界に挑戦する「ツール・ド・あいち」など
苦しくも楽しい自転車ライフを満喫しています。

風とともだち---週末サイクリング

風とともだち---週末サイクリング

2009年8月29日土曜日

09.08.29伊勢三河湾

09.08.29伊勢三河湾

米津一成さんの「ロングライドに出かけよう」―(自転車で遠くを目指す生き方・走り方)を読んだ。
ブルベをやる6人にインタビューしながら、個々の行き方、走り方を通してロングライドの楽しさを炙り出している。

前日までは土曜日は「曇のち雨」の天気予報だったのが、何度も何度も気象庁の天気予報を見ているうちに、最後に「曇のち晴」に変わった。
それならば「リベンジ伊勢三河湾」だ。
ブルベの本を読んだら、240kmなんて当たり前の距離に思えてきた。
・・・しかし、無理は禁物。いざという時は自力で帰れるよう輪行することに。

電車は早朝動いてないんだよね。
始発が5:32分。名古屋経由で近鉄弥富6:24着。
着替え・自転車を組み立てて、水郷の塔へ一人集合。



写真を撮って、7:05分鳥羽に向けて出発。

橋の歩道部分は10mおき位に段差があって、その都度跳ねる。
しかし、曇っていて風が涼しい。
おいらはいつでも風と友達だよ~。

だが待てよ。どんなに順調に走っても(こんなの絶対無理だと思うけど)11:40のフェリーに乗れたとしても伊良湖を出発するのが13時だとすると、140kmで7時間―20時到着か。

まずは鳥羽に着いた時の状況がどうなっているかだな。

1号線からたぶん川越あたりで23号線に乗り換え、四日市ドーム前を7:50分に通過。
9時過ぎに三重大学の看板。まもなく津市。

水が無くなってコンビニを探すのだが、反対側にはあっても進行方向に見当たらない。
1本左に入った「伊勢松阪線」というらしい狭い道を走る。


コンビニは無かったが自販機が並んでいるので立ち止まって、水とアクエリアスを半々、ボトルに入れる。
余ったのはその場で飲み干す。
ここまで一度も休憩を取らなかった。

櫛田川を渡ってしばらくすると広い道に出た。
42号・23号共有道路。
伊勢方面に向かう。

地元のローディーさんに会う。黄色いジャージを着て、ランスみたいな体形で乗っていてカッコいい。
「鳥羽まではもう少しだよ。この先を二見方面に斜め左に進むと、二見ヶ浦を通り過ぎて、まもなく鳥羽に着く。20kmくらいだよ。ただし車には十分気をつけて!アホが多いから。」
確かにわざと白線の左側まで寄ってくる車が多い。ロードバイクを明らかに邪魔者扱いするのだ。
「ありがとう。気をつけていきま~す。」

このあとは確かにいくらも無かった。
しかし、ほとんど休憩らしき休憩はゼロで、お尻が少々痛くなり始めた。
水分の取りすぎで足がだるい。
どこかでお昼ご飯を食べながら休憩すれば回復するのだろうか?



フェリー埠頭には11:50分到着。
11:40のフェリーには乗れなかった。
次は12:50発、13:45伊良湖着だ。
これでは無理だ。
疲れた身体を引きずって夜道を走っていては22時到着すら難しい。

鳥羽→師崎便があれば良いのだが、無いものねだりしても仕方ない。
今日のところはここまで無理せずに楽しく走ったということで勘弁してやろう。
たまには近鉄特急も悪くない。

サイコンの記録は TIM 4:20:24 DST 107.84 ODO 766.0 MAX 42.5 AVE 24.8
(今月は550km走ったぞ)
出発 7:05 到着 11:50  4時間45分

ブルベをやる人たちから見ればロングどころか足慣らしのショートライドなんだろうなあ。

0 件のコメント:

コメントを投稿