花と音楽のある暮らし

花と音楽のある暮らし

2021年6月13日日曜日

さわやか×2

 


日曜日、天気が良ければ、そして早起きできれば自転車に乗ろうと思っていた。

条件クリア。
準備してスタートできたのは5:20頃。

曇り空なのでアームカバーもなし。
素肌にさわやかな風。



まずは木曽川に架かるライン大橋を渡る。

大安寺川沿いに北上。



高山本線と名鉄各務原線を越えると中山道鵜沼宿。
ここから少しずつ坂が始まる。

坂祝バイパス(21号線)と分かれるあたりから本格的な上り坂。
この道は各務原パークウェイと言って、神社や不動尊が集まっている。

気温がまだそんなに上がっていないのは助かるが、マスクはさすがに息苦しい。
誰とも会うわけでもないので顎の下まで下げる。



上りきったところを道なりに行けば「各務野自然遺産の森」。
ここを右折して「ふどうの森」へ。



明王山への登山道は車が入らないように門扉が常に閉ざされている。
迫間不動はこの先、ちょっと下ったところ。
今日はここで引き返す。


さっき苦労して上ってきた道を、下るときは梅雨空を忘れさせるほど爽やかな緑の風が吹き寄せる。
爽やか・さわやか!

朝ごはん前の、たった26km程度のサイクリングだったが、爽快感満喫。


「風とともだち」というタイトルでブロクを書いていたことを思い出した。
愛知県サイクリング協会のメンバーとして、毎週のようにサイクリングに出かけていたのが懐かしい。
(家に帰って、そのキーワードで探しても、もはやヒットすることはなかった。)

今は、気が向いたときにたまにロードバイクに乗るのが新鮮で良い。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ  にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
ブログランキングに参加しています!

2021年6月11日金曜日

さわやかな朝

梅雨入り宣言が出て以降、晴れの日が続く。
日の出の時間も4時半頃。
日が高くなってしまっては気温が上がり散歩も億劫になる。
たまには早起きして、涼しいうちに散歩に出かけよう。

とりあえず早起きはできた。
行き先をどこにしようかと迷って、「せっかくなら朝日の写真が映える所が良い。」
と考えて、木曽川までサイクリングすることにした。

散歩がメインだから自転車はロードバイクではなくミニベロで。




木曽川に架かる愛岐大橋のところで朝日が昇ってくる写真をとらえた。


すいとぴあ江南に自転車を停めて堤防を見上げたら、もう散歩している人の姿がある。


ウォーキング・サイクリングロードから振り返ると、いつも見慣れた風景も違って見える。
この道は自転車で走ったことはあっても、歩くのは初めて。



先日も来たフラワーパークの一番西のプールから東にカメラを向けると、先日とは違い、まだ明けたばかりの空に、すいとぴあ江南の特徴的な形が見える。



プールの反対側に回り込むと、朝の空気の中に息づく色とりどりの花々。



合歓の木の下に来て、種から芽を出した小さな苗がないか探した。
花や枝の先の葉が落ちているのだが、苗は見つからない。


妙齢のご婦人が声をかけてくれた。
「この樹は日立の・・」

「この木なんの木、の合歓の木ですね。」

「そうそう、そろそろ満開かと思って来たんですが、今年は雨が少ないせいか花がほとんど無いですね。」


「まだ蕾ですね。あすこに花が咲いてますよ。」

「あれは白と赤だけですね。去年見たのは、虹色というか、色んな色が混じって、それも樹全体に満開だったんですよ。」

「もう少ししたら見頃の時期を迎えますね。」



残念ながら苗は見つからなかったが、また折を見て来てみよう。
出口近く(入口近く?)に看板があった。
『動植物 種子・昆虫 採取禁止』U>ω<)ノ シッ!!




堤防の下の芝草を歩いて帰る。
藪の中からしきりに鶯の声が聞こえる。

6時半には帰宅。
スマホアプリ:Fitでは強めの運動、歩数ともクリアー。
さわやかな朝。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ  にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
ブログランキングに参加しています!

2021年6月8日火曜日

思わぬ拾い物

盆栽のブログを毎日のように更新されている、「じぃじさん」の『合歓の木(ネムノキ)の花』を見て、室内でこんな花が咲いたらいいなと思った。

どこかの公園で合歓の木を見たことがある。
そこで種を拾ってくればいい。

しかし、この時季に花が咲くとすると、実が生って種になるのは秋かな?
それまでにどこの公園だったか、あちこち探してみればいいか。


扶桑緑地公園まで自転車で行って、木曽川沿いの緑道を散歩することが多いのだけど、いつも同じではつまらないので、今日はフラワーパークへ。



すいとぴあ江南を通り越して西に向かう。


早朝の公園。
お客さんの姿はほとんどないが、どこかで作業をする音が聞こえてくる。
広大な公園のメンテナンスは大変だ。


一番西側の池まで行って、芝生広場の反対側から戻る。




花を眺めながら歩いていたら、センターハウスの見える辺りで、大きな合歓の木が目に入った。
早朝から可愛い、優しい花も咲いている。
ひょっとしてと思って足元を見たらサヤエンドウみたいな実が落ちている。
「千載一遇のチャンス」とは少々オーバーだが、そんな気持ちになって拾ってきた。



振り返ってみると、合歓の木はまるで「この木なんの木、気になる木」にそっくりな形の大木だった。



家に帰ってさっそくサヤから種を取り出したが、きれいなのは2つだけ。
あとは虫が入ったか、熟れすぎたのか形が悪い。



水に入れたら沈んだのはその2つ。他のは浮かんでしまう。
それでも半日水に浸す。


大葉の種を撒くところの端っこに一緒に撒いてみた。


木陰で2週間後くらいに芽が出てきたら儲けもの。

ただ、ネットで調べたところ、花が咲くまで10年もかかることもあるらしい。
生きているうちに花が咲いてくれるだろうか?

そのとき一緒に出てきた記事、「モンキーポッドの育て方」を見て驚いた。

モンキーポッドは、熱帯アメリカ原産の「アメリカネムノキ」とも呼ばれるマメ科の広葉樹です。「♪この~きなんのき、きになるきになる♪」のCMでおなじみの、あの大きな木がモンキーポッドなんです。

という説明とともに、アイコンはまさにあの大木。
公園で見たときの印象は間違っていなかった。

あんな大木も、盆栽にすれば部屋の中で可愛らしく育ってくれるのかな。
まず直近の課題は半月後に芽を出してくれるかどうか、だ。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ  にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
ブログランキングに参加しています!

2021年6月3日木曜日

新しい薔薇の仲間

今年は春が暖かった。
梅雨入りも例年より3週間も早かったくらいだから、それにつれて庭の花が咲くのも早い。

特に薔薇は5月末か6月初めころ咲き始めるのが、モッコウバラやナニワノイバラやスパニッシュビューティーが咲き終わったあと、クイーンエリザベスやロイヤルサンセットやピエール・ド・ロンサールが繰り返し咲いている。

過去には豪華なメアリーローズやシャリファアスマなどのイングリッシュローズもたくさんあったが、ほとんどコガネムシの成虫や幼虫にやられてしまった。
強健種と言ってもコガネムシに狙われたら根本から食い尽くされてしまう。


今年仕入れた新苗、デンテベス、バレリーナ、ニュードーンも可憐な花を咲かせてくれた。
新苗は蕾ができても切ってしまうか、1輪だけ楽しんでそれ以降は咲かせないのが鉄則らしい。
せっかくの花を切ってしまうのは忍びないが、写真を撮ったあと花瓶にいけてあげよう。


ところでこうしてみると今あるのは、優しいピンク系の花ばかり。
散歩がてらよそのお庭を拝見すると、色とりどりの原色の薔薇が誇らしげに咲いている。


ネットで「花つきの良いバラ」を検索して、パレード(CL濃桃)、ドンファン(CL赤)の2本を注文。
それが今朝、埼玉の「バラの家」から届いた。

思っていた以上に立派な苗。
さっそく移植作業。




今回は普通の植木鉢ではなく、不織布製。
これもホームセンターでは見当たらず、ネットで注文しておいたもの。
当面は植木鉢のように使えるし、今後、地植えにするときはこの入れ物ごと埋められるので、根を痛めることがない。
不織布はそのうち分解していってくれるらしい。



まず底に赤玉土、次にバラ専用の土に庭の土を混ぜて入れる。
「バラの土」の中には肥料分が濃すぎるものがあるということと、この8号鉢2つ作るのには1袋では土の量がちょっと足りないという経済的な理由から。



縁から3cmくらい下まで土を入れ込んだ。
水もたっぷりと。



しばらくはこの場所で。
と言っても、この不織布ポットは耳というか、手持ちがついているので、いつでも気軽に持ち運べる。
今年はともかく、来年の今頃、思う存分個性を発揮して咲いてくれるのが楽しみ。



先に購入したデンテベスとバレリーナは蕾もたくさんつけているが、このあと生け花にするつもり(涙




思い切って、切った!


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ  にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
ブログランキングに参加しています!