花と音楽のある暮らし

花と音楽のある暮らし

2011年6月25日土曜日

11.06.25自転車パーツ


今日予定していた「菰野→関サイクリング」が中止になってしまった。
このサイクリングの後、うまくいけば弥富の伊勢湾台風記念碑でシマウマ男さんたちのゴールに間に合うかも知れないと密かに思っていたが・・・


結局夜中の激しい雨で起こされたり、
video

早朝からペペ(アメリカンショートヘアー似の猫)が「おはよう。おはよう。」と起こしに来たりで、すっかり調子が狂ってしまった。


財布と相談しながら悩んだ末に別発注したタイヤとホイールが届いたので、これを組み付けることにした。


FOCUSの完成車についていたホイール Shimano WH-R500 はBRIDGESTONE EXTENZA RR2 との組み合わせでポタリングに連れていくことにして、
ヒルクライムやロングライドにはもう少し切れのある走り方がしたい。


ということで、タイヤはFOCUSと同じドイツメーカーのSchwalbe。
いままでインナーチューブはSchwalbeを使うことが多かったし、そういう意味では馴染みがあった。
ただしUltremoは何だか評価が分かれていて、ちょっと様子見状態だった。
Ultremo R-1はなかなかいいらしい。
高価なタイヤだがWiggleなら手が届く。タイヤとチューブを注文しておいた。




ところが使う場所によってタイヤをいちいち取り替えられるかという疑問が日に日に大きく膨らんできた。
Wiggleをちょくちょく覗いたり、実際に走ってみた人のブログを見たりして、結局パフォーマンスホイールとしてはEASTONの中で一番安価なのを選んだ。
これなら誰からも無駄遣いだと責められることはないだろう。




スプロケットを取り付けてもらおうと「自転車ひろば遊」に出掛けた。
Shimano WH-R500に付いている12-27をEASTONに載せ替えてもらい、元々あった11-25をWH-R500に取り付けてもらった。
嫌な顔ひとつせず、親切に応対してもらった上に、すごいお値打ちにしてもらった。

リムテープとサイコンセンサー用のマグネットを買って帰る。





EASTONのホイールはリム高が30mmあり、購入したSchwalbeのチューブのバルブは42mmで使えない。
ドイツ製で揃えようとした目論見は見事に外れて、Micherinの60mmのを嵌め替えた。
Schwalbeのビードは硬くて難儀したが、タイヤレバーを使う位置を見つけて、なんとかうまくやり終えた。
路上でパンク修理をするのは大変だろうな。


今日の作業が終盤にかかった14時頃、雷と共に激しい雨が降ってきた。
シマウマ男さんやyasuさん、tokonameさん、いくら足が速いと言ってもまだ道中のはずだ。
ゴール予定時刻は15時頃か。
といっても、この雷雨はごく局所的なものだろうから、知多方面や名古屋市南部はまた違った天候かも知れない。
無事ゴールしたら、いつまでも「シマウマ練」してないで早いとこブログを配信して欲しい。



雨はじきに上がったので、EASTON + Schwalbe Ultremo R-1で家のまわりを1周。
WH-R500 + BRIDGESTONE EXTENZA RR2でも1周してみた。


明日の「探訪 定光寺」はEXTENZAの25mmでゆっくり走る予定。
ミシガンツアーご一行さんの動向も気になるところ。

2 件のコメント:

  1. シマウマ男2011年6月26日 18:37

    いつも「シマウマ練」重視でスイマセンww

    14時ごろは幸田の山中で暑さに悶絶していました
    真っ青な空に、絵に書いたような入道雲・・・
    雨はドコ??でした(;´Д`)
    ※yasuさんBlogの撮影地点

    一雨来てくれてれば、少しは走りやすくなったんでしょうかねぇ
    しかし、いつもは「晴れろ」と念じてるだけに
    勝手なもんです・・・(;^ω^)

    返信削除
  2. シマウマ男さん、コメントありがとう。
    tokonameさんと yasuさんのブログ確認しました。
    「死のロード」になってましたね。
    でも一人だけ元気な様子で・・・食欲も。

    Ohbaya4さんの提案で7月10日に走る予定です。
    伊良湖から師崎にフェリーで渡り、「タローちゃん」主催の「知多半島坂めぐり」にも参加して弥富に帰るという、2度美味しいサイクリングです。
    炎天下はイヤダ。

    返信削除