風とともだち---週末サイクリング

愛知県サイクリング協会(ACA)の会員になって
名所旧跡や街道をポタリングしたり、美味しい物を食べて回ったりの「探訪あいち」や
ロングライド、ヒルクライム、グランフォンドと体力の限界に挑戦する「ツール・ド・あいち」など
苦しくも楽しい自転車ライフを満喫しています。

風とともだち---週末サイクリング

風とともだち---週末サイクリング

2016年11月13日日曜日

鞍掛峠と紅葉の聖宝寺サイクリング


ぶるほんさんからのお誘いでプライベートサイクリング。
コースも引いて送ってくれた。

「あきらマン君と参加。せっかくだから他の人も誘ってみたら」と、ぶるほんさんに連絡を入れたら、同じくらいのレベルの人に声をかけてくれたらしい。




集合場所は木曽三川公園の駐車場。
当日の参加者は9名。そのうちACAのいつものメンバーが7人と、あとの二人はぶるほんさんの近所のご夫妻。


今日は暖かくなるはずですが、川の近くのせいか肌寒い。
早めに集合したので集合写真を撮って、予定より少し早くスタート。


多度大社の前を通って、桑名市といなべ市の境の峠にあるコンビニまでの道は、もうすっかりおなじみです。
もうすっかり身体も温まって、むしろ暑いくらい。



コンビニを出てすぐに鉄のGIOSさんパンク。
まだ新しいチューブレスタイヤに石が突き刺さっています。
このところクリンチャーのパンクを見かけないのに、パンクしにくいと言われるチューブラーやチューブレスのパンクがやたら多い。
チューブレスはパンクしたらクリンチャーと同じようにチューブをはめてやればいいのだが、クリンチャーよりもリムにきっちりはまり込む構造のため、ビードが硬くて交換が難しい。
悪戦苦闘の末、最後のはめ込みは自分がいいとこ取り。


まずは阿下喜駅に向かいます。



三岐鉄道北勢線の終着駅です。




小春日和の穏やかな風景の中を走ります。



黄金大橋南から鞍掛トンネルまでの6.7kmはフリー走行。
標高差448m、平均斜度6.7%は二ノ瀬より少しきつい感じ。
それでも道路幅が広いせいか、最後尾について走っているので余裕があるのか、さほど苦しい感じはない。


以前、ぶるほんさんと、いちみんさんと3人で彦根城へ向かったときは、カンカン照りの暑さにやられて、苦しみながらへとへとになって上っていったのがウソのように、今日は爽やかで気分がいい。


あきらマン君、hbさん、鉄のGIOSさんは競い合うようにして、その後を追ってY本妻さんが、まだギヤを数枚残しながら軽快に上っていった。


半ばを過ぎた頃にぶるほんさんが、写真を撮っていくので一旦降りると言ったのをきっかけに、最後尾はぶるほんさんに任せることにし、ちょっとスピードアップ。
Y本さん、YOSHIさん、かむひや~さんの前に出る。

一旦前に出たら抜き返されるのも癪なので、路面の変化に合わせてギヤを変えスピードを維持する。
昨日の「チャリダー」で猪野学さんが乗鞍を1時間16分台で走りきったのをちょっと思い出したりしたが、もちろんあんなに追い込むことは出来ない。
あくまでもマイペース。
それでもこんなペースで上っていく分には、坂道も楽しいと思える。



鞍掛トンネルは滋賀県側の崩落のため通行止め。
かなり厳重に柵が設置されている。
それでも車やオートバイが何台も停まっているのは、私たちと同じように、通過するためではなく鞍掛峠の紅葉を見に来たのだろうか。






下りの途中、赤い橋のところと、白いガードレールのところで絶景ポイントがあり集合写真。
紅葉も進んでいて、企画したぶるほんさんもホッと一安心。









昼食はマス釣りの人達が集まる'Sanctuary'
いっぱい駐車しているのは、もちろん大半が鱒釣り客だが、バイクハンガーも2台設置されていて、サイクリングの途中に立ち寄る人も多いようだ。

12時回ってちょうど先客で満席になったところなので、名前を書いてしばらく待機。
森に囲まれた中にツリーハウスが作られていたり、なかなか風情のあるハウスで、釣りや自転車じゃなくても食事のために来る人もいるようです、
一度来た人は、またいつか来ようと思うような場所です。



食事の後は紅葉を見に「聖宝寺」へ。
突き当りの神社の周りは七五三のお参りなのか、家族連れがいっぱい。
聖宝寺はこれを右側に回り込んだとこらしい。

鉄のGIOSさんについて2番手で走っていくと、坂はどんどんきつくなり、ぶるほんさんが「そろそろ着くよ」と言った先に、ますます急勾配の坂が続いている。
どこまで我慢できるか。
後ろからも悲鳴に似た叫び声。
最大斜度は16%だったらしい。

スマホで撮影

デジカメで撮影



自転車を駐め、徒歩で参詣。
ところどころに真っ赤なモミジ。
本堂の前で写真を撮ると、スマホの方がすっきりときれいかと思ったが、赤の発色はデジカメが勝っていた。





池に写る逆さモミジはやはり周りが暗くなってライトアップされたときこそ幽玄の世界が広がりそうだ。




このまま早めに帰るか、如庵に立ち寄るか。
飲み物だけで30分限定、ということで如庵の2階へ。
やっぱり全員が同じテーブルを囲むと話が弾む。
豪華なケーキは封印しても、無駄話が愉快。


員弁川沿いの散歩道を通り、フリー走行区間をこなし、多度大社前を抜けてスタート地点に戻ったのは16時ちょっと過ぎ。
ぶるほんさんの予定通り。

この時期にして暖かく快晴の青空の下、Y本さんに「坂が速いですね(歳の割に?)」とおだてられて、気分よくしたサイクリングの一日だった。


    走行距離 : 74.28km
    走行時間 : 3時間49分
    平均速度 : 19.4km/h

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

4 件のコメント:

  1. 私の「突然サイクリングのお誘い」にお付き合い下さりありがとうございました。
    しかも毎度のように最後尾でのアシスト、安心して走ることが出来ました。
    これからも「突然サイクリングのお誘い」致しますので、お付き合いのほど
    よろしくお願い致します。

    返信削除
    返信
    1. お疲れ様でした。
      天気も最高で、楽しいサイクリングでした。
      紅葉もまずまずで、景色も良かったですね。
      こんなに大勢になるとは思いませんでしたが健脚揃い。
      最後尾を走っていても何の心配もありませんでした。
      天候や諸々の事情が発生することを考慮すると、「突然サイクリング」が気楽に参加できていいかもしれませんね。
      また計画してください。

      削除
  2. 山田さん、日曜日はお疲れ様でした(^_^)/
    この時期にしては暖かい絶好のサイクリング日和でしたね。
    鞍掛峠は斜度が自分にあっていて、登りやすかったです。(最後は燃料切れになりましたけど)
    お昼ご飯の店は雰囲気が良く、また行きたいですね(^^)
    聖宝寺の激坂にはビックリ(*_*)
    楽しい1日になりました。
    また誘ってくださいm(._.)m

    返信削除
    返信
    1. あきらマンさん
      お疲れ様でした~!
      天候といいコースといい、言うことなしでした。
      鞍掛峠の道は道幅もゆったりとしていて、距離もちょうどいいくらいで走りやすかったですね。
      (前に上ったときは暑さにやられて、こんな苦しい坂はないと思っていましたが)
      紅葉もなかなか良かったですよね。
      季節を感じられる、楽しいサイクリングでした。
      またご一緒しましょう。

      削除