風とともだち---週末サイクリング

愛知県サイクリング協会(ACA)の会員になって
名所旧跡や街道をポタリングしたり、美味しい物を食べて回ったりの「探訪あいち」や
ロングライド、ヒルクライム、グランフォンドと体力の限界に挑戦する「ツール・ド・あいち」など
苦しくも楽しい自転車ライフを満喫しています。

風とともだち---週末サイクリング

風とともだち---週末サイクリング

2011年9月18日日曜日

11.09.18 GF三河湾スカイライン

11.09.18GF三河湾スカイライン

前日の急変する天気とは打って変わって、朝から穏やかに晴れ渡っている。
6時過ぎにスタート地点の、東三河ふるさと公園第3駐車場に着いた頃には、真夏の色を帯びた日の光が照りつけている。
今日は暑くなりそうだぞ。
サンオイルを顔・腕・脚に塗りつけて、ちょっと迷ったあと、風を直接肌で感じたいとアームカバーはやめにした。

自工会の変則休日のせいで参加者は少なかったが、顔見知りも大分増えて、声を掛けてもらったり、挨拶を交わしたり、スタート前の楽しい時間。


こるなごさんは今日はコルナゴじゃなくピナレロにしたようだが、サドルバッグを忘れたと困った様子。
普段、物を忘れたり、準備不足だったり、ミスをすることが非常に少ない人だと思うが、自転車やホイールやウェアーや、いろんな選択肢が増えすぎたせいで、ちょっとおろそかになったのかな?
でもチューブラータイヤはクリンチャーに比べてめったにパンクすることがないそうだから、悪路に突っ込んでいかなければそんなに心配するほどのことじゃないかもしれない。

tokonameさんは「IRONMAN70.3常滑セントレア」に応援に駆けつけるためにショートコースを選択したそうだ。



M浦ご夫妻到着。
乗鞍でお会いした時に、
M浦さんは当然TOPグループで走ってくる人だから、M妻さんは私と一緒にショートを楽しんで走りましょうとお誘いしたら、快諾してくれたのだった。
前日のような悪天候だったら実現しなかっただろうが、今日のこの天気なら大丈夫だ。





開会式が終わって、スターと地点で写真を撮った後追いかけていくと、御油の松並木の手前でM妻さんに追いついた。
そのまま後続集団を引き連れた状態でM妻さんが先導していく。
路面の荒れたところや水溜り、落下物、対向車など全て手信号で知らせてくれる。相当走り慣れた人だ。

杣坂峠(そまさかとうげと読むのだろう)の坂道に差し掛かるとヒゲオヤジさんやS藤さん、オレンジ大好きクプさんが飛び出していったが、M妻さんはずっとイーブンペース。少しも慌てず淡々と上っていく。
すると、勾配が少しきつくなったところでもがいているヒゲオヤジさんやS藤さん、オカポンさんを抜いていく。

カーブのところで写真を撮ってくれたオレンジ・クプさんも後ろに付いて、3人グループが形成された。

峠を越えると長い下り。一気に下ると突き当りをショートは左折。
更に下り人間環境大学の近くのサークルKで小休止。
この先もコンビニがあるかどうか分からないので、アクエリアスを水で割ってボトル2本を満たした。

M妻さんが、調べておいたケーキ屋さんに寄っていくと言うので、もちろん賛成して、案内してもらう。
東名高速をくぐってすぐ右折したので、ケーキ屋さんへ向かう道かと思ったら、これが正規のルートだった。これを真直ぐ行ってしまうと道は自然にカーブして、どんどん南下してしまうところだった。
ナビ付き自転車より正確な判断。
そういえばさっきのコンビニで、ちゃんと地図を確認していたな。





カフェはおとぎ話に出てくるような可愛い外観をしていた。
ケーキと飲み物をそれぞれ選ぶと、地下に案内された。
アースカラーの壁にちょっと飾りつけがしてあっていい感じなのだが、ちょっと狭苦しいかな。
濃厚ショコラケーキにはコーヒーより紅茶の方が合ったかも知れない。
「ツール・ド・あいち」なのに、まったりと40~50分も過ごしてしまった。

248号線を突き抜け、芦谷の交差点を左折して、もう一度248号線を横切ることになる。
信号待ちで止まると248号線を通って三河湾スカイラインに向かう一団が目に入った。ロングのトップグループの人たちだ。
上りで追いつかれたら嫌だなあと思っていたが、その前に行ってしまった。
信号が変わって後を追っても、もちろんすでに姿は見えなくなってしまった。




坂野峠も8%くらいの勾配がある。ここで真直ぐ下っていこうとしたら、ここから左折してさらに上りが続くという。
きびしい上りだ。自分のペースで行かないとバイクがふらつく。
少し前に出て、三河湾が見えるところで写真を撮るという口実で止まった。


SKYのジャージが上ってくる。
あれ?いつものガシガシいくイメージとは違って、なんだか辛そうだぞ?


頂上から一気に下る。と思ったら上り返し。
ギヤを軽くしてくるくる回して峠を越えると、下った後すぐ上り。
そういえばコース案内で4つくらい峠があると言っていたっけ。
4つどころではなく、しつこいくらいに上り下りを繰り返した後、今度は本当にゴールに向かっての下り。
M妻さんは下りを怖れない。
カーブ手前でスピードを抑えすぎると、どんどん離されてしまうほどだ。

気持ちの良い風をうける下りが終わり街中の平坦地に来ると、蒸し暑さと真夏のような陽射しに見舞われる。
街中の難しいコースを、ちょっと地図に目をやりながら正確に進んでいく。

公園への最後の上りをこなして3人でゴール。13時11分。
終始牽いてもらったM妻さんに感謝すると共に、地図の読み方、洞察力に脱帽した。

M浦さんたちロングのトップの人たちは12時27分到着して、すっかりくつろいでいた。
こるなごさんはバイク人生初の落車やハンガーノックを経験して、車中で休憩しているそうだ。
その後帰ってきた人たちのなかにもピナ大矢さんや他にも落車した人がいたようだ。
幸いみんな擦り傷程度で済んで良かったが、下りで落車すると自分では制動できないのでヘタをすると大事になりかねない。




相変わらずカンカン照りつける中、痛みを抱えながらロングに向かったOhbaya4さんや電ちゃん、オカポンさん、ヒゲオヤジさんたちが全員無事に帰るのを見届けて、最後の記念撮影に参加して会場を後にした。




6 件のコメント:

  1. えっ、ケーキ屋さんに寄ってたんですか?
    何故誘ってくれないんですか…

    一緒にケーキ食べてたら、ハンガノックにならずに済んだかもしれないのに(^_^;)

    返信削除
  2. こるなごさん
    ケーキはあげません=^_^=

    同行者がハンガーノックになりかけた時の用心にPowerBarを余分に持っていたので、三河湾スカイラインで見かけた時に、投げてあげればよかったですね(@^^)/~~~

    返信削除
  3. なんだか楽しいGFだったみたいですね。
    M妻さんはどんな方かと思っていたら、さすが!ご夫婦ですごいんですね~。
    私も精進しなくちゃ。
    でもケーキ屋さんに寄るなんて・・・うらやましい。
    今朝は豊橋でお待ちしてましたのに。
    なかなかおもしろい内容でしたよ。

    返信削除
  4. megumiさん
    GFとはいえ、楽しいサイクリングでした。
    M妻さんは、オレンジ大好きクプさんが一目見るなり「一緒に行く!」と言い出したほど魅力的な人です(^_^)v

    23日の「三河の山里と峠を巡る」aQsimさんに乗せてもらって行くでしょう?

    返信削除
  5. GF三河おつかれさまでした。
    23日の探訪三河にも参加させていただく
    商品部Tです。
    よろしくお願いします。

    返信削除
  6. 商品部Tさん
    コメントありがとう!

    三河湾スカイラインの記録を見直しました。
    ロングで早い時間に帰ってきてましたねヽ(^。^)ノ

    23日はポタリングペースで行きましょう。
    よろしくお願いします。

    返信削除