風とともだち---週末サイクリング

愛知県サイクリング協会(ACA)の会員になって
名所旧跡や街道をポタリングしたり、美味しい物を食べて回ったりの「探訪あいち」や
ロングライド、ヒルクライム、グランフォンドと体力の限界に挑戦する「ツール・ド・あいち」など
苦しくも楽しい自転車ライフを満喫しています。

風とともだち---週末サイクリング

風とともだち---週末サイクリング

2014年6月29日日曜日

14.06.29木曽川周遊ファミリーサイクリング

14.06.29木曽川ファミリーサイクリング

日曜日の天気は良さそうなので、参加者が増えてきている。
自走で来る人も多そう。


秋に行われるファミリーサイクリングの下見ということで今日のコースは25kmくらい。
終了後の増量コースを作ってみたが、138ツインタワーに登ったり、内藤記念くすり博物館を見学したりと、走ること以外の時間をしっかり取っているので、ゴール後は時間がないかもしれない。


家から極楽寺公園までは10kmくらい。
朝の時間を利用して、集合前に行けそうなルートを引いた。

犬山城→中山道鵜沼宿→迫不動→苧ケ瀬池→学びの森→各務原大橋→極楽寺公園
いつもとは逆回りの30kmコース。


7時に家を出れば集合時間にはなんとか間に合うだろうとスタート。
ライン大橋を渡るときに自転車乗りの人と近所のおばちゃんらしい二人が橋の下を指差しながら話している。
信号で止まった背後から声をかけられた。
「サ※#$%@がいたんですよ」
「え!何がです?」
「ああ、オオサンショウウオがあの下にいたんです。まだいますよ」
「じゃあ、帰りにまたここを通るようでしたら見てみます」

すぐに左折して北へ向かうはずが、犬山橋へ向かってしまった。

   

でも中山道鵜沼宿は場所がわかっているからルートを外れても大丈夫。
整備された通りの入口に来て写真を撮る。

ATLASに目をやると「バッテリー残量が低下しています」と警告が出ている。
そういえば、予備バッテリーを持とうかと頭をよぎったのに、今日は25kmの探訪だからと、そのまま来てしまった。しかも昨夜充電はしなかったから、先週使ったままだったらしい。

多少道に迷ったところでなんとかなりそうな気もする。
が、道に迷っていては集合時間に遅刻だ。焦って走ってはろくなことがない。


予備バッテリーを取りに引き返す。
途中ライン大橋で約束通りオオサンショウウオを確認。
家に戻って、江南経由で極楽寺公園に到着。
8:50。走行距離29km。
迫不動へは行けなかったが、距離はおよそ目的の距離を走った。








豊橋のじゅんこさんご夫妻や安城組の二人も来て、地元組、知多組、名古屋組と18名の参加者。
もちろん秋の大会の主催者になる、あかたさんも元気に参加。


 

まずは公園内のサイクリング&ウォーキングロード(と言ってももちろんロードバイク向きの道ではない)を通って、138ツインタワー横まで。
この南口周辺にバイクをロックして止めて、人だけ入場する。
133タワーは9:30の開館ということで、しばらく外で待機するとともに、本番時のスタート時間を考慮する。

 

タワーに登るのにチケットは大人500円。
65歳以上のシルバーは半額の250円。
20名以上の団体は400円。

2人はシルバー該当者。
それ以外に割引はないのか。
JAF加入者は5名まで400円。ちょうど3人がJAFカードを持っている。
追込職人さんはマルちゃんとともに下で待機ということで、全員が割引の恩恵を受けることができた。

 
 

電ちゃんとあかたさんは本番のときの誘導や滞在時間をチェック。
我々は参加者気分で360度の大パノラマを満喫。
金華山や小牧山はもちろん、JRツインタワーや東山タワーも見える。
冬場の天気の良い日には御岳や乗鞍も見えるはずだが、いまは遠くは霞んで山並みとしか分からない。それでも雄大な美しい眺め。


 

木曽川橋の手前や、渡ってからの笠松港公園のところの二股の道をどうやって誘導するのか、立哨は何人必要か、実際に二手に分かれて問題点を見ていく。




河川環境楽園(通称:アクアトトぎふ)の駐輪場に11時に到着。
食事、園内散策にたっぷり時間をかけて、集合は13時。もちろん本番を想定しての時間設定。

世界淡水魚園という水族館をメインに、学びや遊びの要素をふんだんに取り入れたこの施設は子供連れの来園者も多い。
高速道路のサービスエリアとして、また一般道からの遊園地として人気の高い場所。

   

オムレツ屋さんで昼食のあと奥まで行って、川遊びや藁葺き屋根の家屋を見学。
実家は子供の頃こんなふうだったとか、五右衛門風呂の落し蓋に乗るのに、体重が軽いと蓋が浮いてきてしまうという話もあり、同じ年代の人たちが実際に体験していることに驚いた。



川島大橋で川島町(木曽川に囲まれた中洲)の中の道で、内藤記念くすり博物館へ行く。
こんな小さな島の中でも車の通行量は多い。ここでも立哨は何人か必要だ。

   

庭は薬草園。温室の中の熱帯植物も薬の原料になるのだろうか。
建物の内部へは初めて入る。
入場無料でなかなか立派な資料展示。なかでも人気は反射神経を見たり脳年齢を確認する体験コーナー。
大矢さんは脳年齢40歳ということで喜んだが、自分は人前ではやれない。


小網橋を渡ってあとはサイクリングロードを西に向かえば4kmほどで極楽寺公園に到着。
かき氷屋さんが出迎えてくれる。



自転車に乗り慣れた人たちにとっては何の苦もない平坦なコースだが、年齢や技量の違う子供たちが200人も来るとすると一体どんなことになるのやら。

今日の下見走行で看板設置位置や立哨の場所はざっと確認できたが、予想されるトラブルに対する詰めや、各施設との打ち合わせ、交渉が必要になってくる。
主催、運営の責任者はこれからが大変だ。



ロードバイクのバナー
クリックしていただけたら嬉しいです
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


6 件のコメント:

  1. 距離は短かったですけど、何時も素通りしている138ツインアーチなど上がれて楽しかったです。
    1日中、お天気の不安もなく、プライベートサイクリングも出来て良かったですね・・・

    返信削除
  2. YOSHI2014年7月1日 8:16

    たまには、こんな緩い探訪もいいですね。
    カミさんへの家族サービスにもなりましたし、
    経費は家計から出て、お小遣いにも優しいサイクリングでした。

    返信削除
  3. 木曽川にオオサンショウウオが居るなんて驚きですがそれもライン大橋とは、
    今度行ったら探して見なくちゃ、^^;

    138タワーからの眺めは絶景ですね、同じくJAF有効に利用してます。
    まだまだ行った事が無い所が多くあるの分かりました。お疲れ様でした。^^!

    返信削除
  4. ぶるほんアンカーさん
    普段ロードバイクで走ってる途中で、チケット買ってまであちこち入ってみようとはなかなか思いませんよね。
    探訪は楽しいところへ連れて行ってもらえます。

    返信削除
  5. YOSHIさん
    奥様にも喜んでいただけてよかったですね。
    浮いたお小遣いは何になるんでしょう(^^♪

    返信削除
  6. ☆うっさ☆さん
    刺身は苦手でもオオサンショウウオは好物ですか(笑)
    138タワーは初日の出スポットでもあるんですが、何時に行って並べば上まで行けるのか予想がつかないので、まだ初日の出は見たことがないのです。

    返信削除