花と音楽のある暮らし

花と音楽のある暮らし

2018年11月15日木曜日

18.11.14 近所の畑でボヤ騒ぎ

夜、TVニュースを観ていたら、近所の人が「すぐ目の前で火災が起きている」と知らせてくれた。
外に出てみると、道路を挟んだすぐ前の畑から煙が立ち込め、二段構えに炎が見える。

畑の持ち主が冬の作物用に藁を大量に備蓄しているらしい。
畑の中に4mほどの長さの棚を2段に作って、保管、乾燥させているようだ。
下の段も上の段も藁に火がついている。

とりあえず初期消火ということで、庭の散水用のホースで火をめがけて水をかける。
水が当たったところは少し火勢が収まるように見えて、しかし他のところはどんどん燃え移ってこの程度の散水では収まりそうにない。

「消防に連絡したほうがいいですね」と言っているうちに、火事を知らせてくれた人の奥さんがすでに消防署に連絡してくれていた。

程なくして消防車のサイレンが鳴り響く。
消火活動は中断して消防車の到着を待つ。
こういうときは時間が長く感じられるのか、消防車のサイレンが鳴り響いている割になかなか到着しない。

それでも3台の消防車が到着したあとは、指示を出す人、投光機やホースの準備をする人、手際よく藁束に向かって散水が始まった。
大量の白煙が立ち込める。





大量の水を放出していても藁束の内部にまで水が届いていないようで、火の勢いは止まらない。
そうこうしているうちに消防署員から事情聴取。
第一発見者と、初期消火をした私が対象者。

そのうち畑の耕作者が到着。
この畑は交差点でぶつかった車が飛び込んできたこともあるし、以前にも放火されたことがある。
燃えやすいものを大量に保管していることに対して注意が入るかと思っていたら、「藁に保険をかけてますか?」などと聞いている。


警察官も到着。
現場検証を始めたが、放火によるものか、散歩中の人のタバコのポイ捨てによるのか、原因はすぐには分からないようだ。

















藁束を少しずつ道路際に集めながら放水を繰り返す。
移動しようと持ち上げた藁のところからまた火の手が上がったりしたが、1時間以上かかってやっと鎮火。

原因は何であれ火事は怖い。
たまたま風のない穏やかな日だったし、早いところ発見してくれた人がいたので大事には至らなかったが、一歩間違えば家屋や車に飛び火したかもしれないような事件だ。

「もし放火だとしたら、犯人はこのへんで一部始終を見ているかもしれませんね」と誰かの言葉に、ゾクッと背筋が冷たくなった。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ 
どれか一つクリックお願いします(*^^*)


2018年11月11日日曜日

18011.10 宿題の多い日

フルート教室の課題曲はALTES2の「主題と変奏」Var.1


なにしろ音符を目で追っていくのは難しいので、ある程度は覚えてしまわのければつっかえつっかえになってしまう。
先週は教室が休みだったので練習時間が長く取れたこともあり、また曲もテーマに沿った曲なのでイメージとしては捉えやすかった。

音が向かう方向とか、一定の息圧をかけるとか、前回教わったことに注意しながら吹いて、OKをもらう。



Var.2の練習をつけてもらう。
これも一通り練習していったので、音はだいたい捉えられていたようだ。

次回への宿題(1)。
音楽的に表現すること。
それにはホップ、ステップ、ジャンプといった曲の流れをつかむこと。
曲調が変わるところを吹き分けること。

さらに一番の難題は、テンポを上げて4/4拍子を明確にすること。
三連符・三連符・・・をゆっくり吹くと三拍子の曲のように聞こえてしまうらしい。
そうはいっても、頭や指が回転するかどうかは疑問。


自由曲は SWING & JAZZの中から”You'd Be So Nice To Come Home To”
ヘレン・メリルのハスキーボイスが魅力で、何度もCDで聴いた曲。
やはり知っている曲は楽譜に頼り切らずに吹けるので、音の響きもいいようだ。
特に防音の教室は反響も良いので自分でも気持ち良い。

2曲目はSWING & JAZZのⅡから、”All Of Me”
誰の歌かは忘れてしまったが、聞き覚えのある明るい曲。
出だしのところのシンコペーションを確認して、出来るようになったところでスタート。
DSで2段目のセーニョマークまで戻ると、あとは同じ繰り返しになってしまうので、2段目の最後に自分で装飾音をたしてみた。
すると先生が別の部分、音がずっと伸びているところや同じ音が3度も繰り返されるところに装飾音をつけたり、1オクターブ下げたりして聴かせてくれた。
これが宿題(2)
次回までにマスターしなければ。




夜は手話サークル「あけぼの会」
新しい言葉を覚えたり、ある場面での会話を手話で表現する。

2人一組で夫と妻の役で「家庭での夫婦の会話」
2人とも手話で会話する。

3人一組で、役員と主婦Aと主婦Bの役で「来訪者との会話」
役員は健聴者で、口話のみ。
主婦Aは、ろう者。
主婦Bは手話のできる健聴者。
役員は口話だけなので楽。
大変なのは主婦Bの役。役員の言ったことを手話で主婦に伝え、主婦Aが表したことを役員に説明する。
真っ先に役員の役を取ったが、結局は順にどの役も回ってきた。


サークルのあとに「ともの日」の打ち合わせでファミレスに6人集合。
1月26日午後7:45~9:00に開催ということだけが決まっている。

みんなでテーマを出し合って、内容を大雑把に決めていく。
準備担当の割り振り。

次回会議を12月15日(土)サークル終了後と決めて、
宿題(3)次回までに具体的な内容を考える。

時計を見ると、もう午後11時半。
家に帰って、ビールを飲みながらフィギュアスケートの録画を観ていたら日付が変わってしまった。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
どれか一つクリックお願いします(*^^*)




2018年10月31日水曜日

18.10.31 折りたたみ小径車で輪行

毎週水曜日は「手話講座」の日。
会場は岩倉市ふれあいセンター。
岩倉駅からは徒歩10分ちょっと。

いつも柏森駅から岩倉駅まで名鉄電車の一部指定席特急(もちろん指定席は使わず、特急料金の必要のない一般車両)で通う。
往きは岩倉駅から普通の速度で歩いても十分間に合う。
しかし、帰りは都合の良い電車にのるためには小走りする必要がある。


ちょっと考えて、せっかく折りたたみ小径車があるので、輪行という手があるんじゃないかと思いつく。

自転車はブリジストンF6F。
専用の輪行袋も「キャリーバッグ」という名前で用意されている。

さっそくネットで注文。
日曜日に袋詰作業と、袋から出しての組立作業をやってみた。


前カゴはもちろん取り外す

キャリーバッグを用意

折りたたむと前輪・後輪がピッタリ合う

きれいに袋詰

自転車を組み立ててキャリーバッグをハンドルに固定

どちらも10分近くかかる。
特に袋詰作業は底にきれいに入れるのが難しい。
それになんと言っても袋に詰めた状態で自立してくれないのが難点。
しかも、担ごうとするとサドルが脇腹に当たって、まともに担げない。


水曜日の手話講座当日になって、せっかくキャリーバッグを購入し、準備を整えたので一度は折りたたみ小径車で輪行しよう、と決断。

ホームで

いつもより少し早めに出て、柏森駅のエレベーター前で袋詰め。
あまり美しくはないが一応袋に収まったので、今日のところはこれで良しとしてホームへ。
小径車の割には大きな荷物になってしまったが、電車はそれほど混んでいないので迷惑になるほどでもない。

岩倉駅で袋から取り出して組み立て。
組み立てにはさほど時間はかからないが、袋を折りたたんで自転車のハンドルに取り付けるまでがそれなりに時間がかかる。

それでも駅の外に出て走り出したら、そこは街乗り自転車、快適にあっという間にセンターに到着。

ーーーーーーー


帰りは、車で岩倉駅まで送ってもらう人たちよりも先に岩倉駅に到着。
「早いね!」と声をかけられたが、
「でもここからが時間がかかるんだよね。」
「がんばってね!」
エレベーター前で袋詰。結構すんなりと作業終了。
いつもより1本早い電車に乗れた。



柏森のエレベーターでコンビニの配送のお兄ちゃんに声をかけられた。
「自転車ですか!?」
「そう、折りたたみ自転車なんだけど、ロードバイクと違って重くて。」
「へぇー、でもいいですねー。」
エレベーター前で自転車を組み立てると、車と店を一往復してきたお兄ちゃんが、
「あれ、もう自転車が組み終わったんですね。」

やったことがない人にとっては手品のように見えただろうか?
もう少し練習して、手際よくきれいに収納できるようになったら、次回も輪行にしようかな。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
どれか一つクリックお願いします(*^^*)




2018年10月28日日曜日

18.10.28 Clam Flute Orchstla Recital in 2018

クラムフルートオーケストラ

フルート仲間のHifuminくんが毎年楽しみにしている演奏会というので、初めて聴きにでかけた。



10月28日(日)
開演PM2:00(開場PM1:30)
NTNシティホール(桑名市民会館)小ホール


桑名駅から徒歩10分位のところにある立派なホールだった。


ひょっとしてと思って、デジカメと三脚を持っていったので、受付で「会場内の撮影は禁止でしょうか?」と尋ねたら、「会場内は撮影が禁止になっています」

その時ちょうど、ロビーコンサートの案内が入る。




ロングドレスをまとった女性4人のアンサンブル。
ロビーでの撮影は禁止でもないらしい。


小ホールに入って、ほぼど真ん中の席を確保。


曲目は知っているものもあり、知らないものもあるが、それぞれの曲の演奏の前にユーモアたっぷりの解説が入る。
女性団長の統率力も力強いが、演奏者の技量や連帯感も素晴らしい。

サン=サーンスの動物の謝肉祭では、掛け合い漫才のようなトーク(聴きどころの紹介)もあり、曲の面白さがすんなりと理解できる。


途中、各パートごとに楽器の紹介と、楽器の特性を活かした曲の演奏、曲の紹介。
フルート4人
アルトフルート4人
ピッコロ4人
バスフルート・コントラバスフルート3人

全楽団員の紹介も、名前を呼ばれたら「お得意のポーズ」で応えるというもの。

随所に趣向を凝らし、観客との一体感を高め、演奏の中に引き込んでいく。

アンコールの曲は「ルパン3世」
フルートにピッタリの流れるような軽やかな旋律。
いつもアンコール用に演奏している曲だろうなと思っていたら・・
団長が、「今回お願いして編曲していただいた平野先生。あっ、会場にいらっしゃいました!」
私の右隣がその平野先生。その隣には先日のドルチェでお会いした女性。

Hifuminくん情報によれば、この楽団の中の何人かは5月のフルートフェスティバルにも参加されていたとか。

少しずつ世界が広がっていく感じ。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ  
どれか一つクリックお願いします(*^^*)





2018年10月26日金曜日

18.10.26 神田寛明リサイタル

NHK交響楽団首席フルート奏者 神田寛明さんの Flute Concert Series 15th anniversary



神田寛明の、アニバーサリー
~フランス&イタリア~
ドルチェ・アートホール Nagoya
10.26(金)7:00pm

日曜日の夜、NHKのクラシック音楽館(Eテレ9:00~)を(全部は無理なので途中まで)観ているけど、主に注目して見ているのはもちろんフルート奏者。

ただ、オーケストラの中ではいろいろな楽器を取り上げていくので、フルートが大写しになるのはわずかな時間。

今回は神田さんだけのステージなので、その技量をたっぷりと味わうことができる。

曲目は
~生誕200年~
ブリチアルディ  リゴレット・ファンタジー
~作曲60年~
ペリオ  セクェンツァ
~生誕90年~
ダマーズ  スケルツォ
~没後100年~
ドビュッシー 第1ラプソディ
※※※※※※※※※ 
リリ・ブーランジェ  春の朝に
ドビュッシー 牧神の午後への前奏曲
タファネル  ミニヨンの主題によるグランド・ファンタジー

クラシックの曲と、クラシックと言うよりは現代音楽のような、静寂から一気に空気を切り裂くような曲まで吹き分けていく。
巧みな指使いばかりでなく、唇の使い方や息のコントロールで豊かに表現していく。


自分の演奏技術向上の役に立つわけもないが、そんな実益のためでなく、バラエティーのある演奏をゆったりと聴けたことで、心にゆとりをもたらしてくれる。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ  
どれか一つクリックお願いします(*^^*)

2018年10月21日日曜日

18.10.21 三国山サイクリング

先日のブログに、「寒くなる前に久しぶりに三国山サイクリングに行きたい」と書いたら、ルックロmさんからお誘いがあった。
「21日(日)三国山に行きますよ。一緒にどうですか」

日曜日はこれと言った予定もないので「とりあえず参加の方向で」

参加者はルックロmさん、タケヤさん、アルバトロスさん。
三国山はともかく、雨沢峠方面はよく走っているらしい。

道の駅せとしなのに8:30集合。

ルックロmさん「今日のコースは、まず雨沢峠の電波塔まで行き、少し戻って三国山を上ります。その後は反対側に降りて狛犬へ。戸越峠の手前から沖縄そば屋に向かいます。」

ATLASは数年前に行った「四季桜」のルートを表示しておいた。
だいたい同じようなところを走るだろう。

ところがログを取ろうとスタートボタンを押しても反応がなく、いつまでもモタモタしているわけにいかずそのままスタート。

雨沢峠タイムトライアルの出発点のバス停で一時停止。
すぐにルックロmさんがスタート。
ここでATLASの電源を入れ直してフリーズ状態を開放し、スタートボタンを押せたらしいのを確認して後を追う。

しばらく行くとルックロmさんの姿をとらえた。
森の中へ入っても近づいては離れ、カーブごとに見えなくなったりまた現れたりを繰り返す。
空がひらけて三国山入り口の看板がある辺りではずいぶん離されてしまった。
もうひと頑張りして、雨沢峠の電波塔前。
脚力のあるタケヤさん、アルバトロスさんはとっくに到着していたようで、3人で出迎えてくれる。



少しだけ戻って、今日の目的地、三国山ヒルクライム。
話をしながらゆっくりペースで上っていく。
半ばを過ぎ勾配も10%以上になってくると、ルックロmさんと私は更にスピードダウン。
タケヤさん、アルバトロスさんは付き合いきれず加速して行ってしまった。

私はルックロmさんと話をしながら、それでも脚付きもせず上りきれたことに満足。





展望台からは快晴の青空。
御嶽山や白山が見える。
名古屋駅前の高層ビル群も。
伊勢湾は霞んでよく見えなかったな。


枯れ葉の積もった下り坂に細心の注意をはらいながら、反対側に下りて狛犬に向かう。



コンビニで小休止したあとは小原の四季桜の前を通って戸越峠方面に向かう。
四季桜は少し咲き始めていて、タケヤさんとアルバトロスさんは止まって写真を撮っている様子。
止まって写真を撮りたい気持ちもあったが、そうすると小原和紙会館のところの上りで置いていかれるのは目に見えているので、そのままパス。

あとでタケヤさんに送ってもらった写真がこれ。
山全体も三分咲き程度になっている。
11月には今年も見事な四季桜と紅葉の競演が見られるだろう。

今日はもうこれで充分満足なのだが、沖縄そばを食べに行くには「坂が嫌いになるくらい」の坂を上っていかなければならないらしい。

膝の両脇に疲労感。太ももも張ってきている。
どこまで続くかという坂にうんざり。しかし降りて歩くよりはマシかと我慢してペダルを踏む。
肩や脇の筋肉も力み過ぎで痛い。

右の橋のところから出てきたローディーさん3人。
あそこが沖縄そば屋だな。

橋を渡って前方を見たら、立ちはだかる壁のような荒れたコンクリート道。
ちょっとだけ上って、このまま進んだら立ちごけするに違いないと断念。
止まって前後の写真を撮る。


すると、後ろを護っていてくれたアルバトロスさんが追い越して左に曲がっていった。
すぐそこの左手が沖縄そば屋だった。





昼食後は雨沢峠までの上り。
道路は整備されていて走りやすいものの、なんせもう脚が売り切れ。
泣き言を言ったところで自転車は人に頼ることはできない。自分のペースで一漕ぎずつ進んでいくしかない。
それでもルックロmさんがすぐ前を走っていてくれるので、ずいぶん気持ちが楽になる。


雨沢峠の電波塔の前で待っていてくれたみんなが、「この先はゴールまでずっと下り。ペダルを漕がなくてもいいよ。」と励ましてくれる。

先頭で下って行ったルックロmさんは、解き放たれたようにすっ飛んですぐに姿が見えなくなり、呆れられた。
私はあくまでも慎重に、それでも快適に下って、ちょうど午後3時、道の駅せとしなのにゴール。

「久しぶりの人にはちょっと厳しいコースになったかもしれませんね。これに懲りずにまた一緒に走りましょう!」
「いやーまいった。毎週走っているような人たちには付いていけません。そもそも年齢が一回り以上、いや二回り以上も離れている人もいるかな。しばらくは一緒に走れそうもない。」

でも苦しいながらも楽しかった!
企画してくれたルックロmさん、前後を護って面倒を見てくれたタケヤさん、アルバトロスさん、ありがとうございました。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ  
今回は是非ロードバイクのバナーをクリックお願いします(*^^*)