花と音楽のある暮らし

花と音楽のある暮らし

2018年2月17日土曜日

18.02.17 忙しい一日

朝は江南厚生病院の定期検診。
問診だけとはいえ、あっさりと終了して帰宅。



午後からのフルート教室に備えて課題の練習。
KOEHLERの6番。
むずかしいのは
・1オクターブの音の跳躍からのアルペジオ。
・曲調が途中で変化する。
・15音上っていくときの連続具合が、半音階とは限らない。
何度練習してもうまくいかないものは、焦らずに時間を掛けてやっていくしかない。


午後からはレッスン。
ソノリテの音出しから始まっていよいよKOEHLERの6番。
つっかえたり間違えたりしながら最後まで吹き終える。
最初の譜読みなので、まあこんなものということで、部分部分に分けて吹き方を教えてもらう。

自由曲の「コンドルは飛んでいく」は、先週うまく合わなかった2分音符と付点8分音符がタイでつながったあとの16分音符の入りが、ちゃんと修正されていたということで◯。
次は「80日間世界一周」の「ターン」。
4分音符一つの中に、上がって下がって戻る5つの音を入れる。
ターン部分だけを取り出すとできるのだけど、曲の流れの中でうまく収まらない。
来週の自由曲をもう一つ、注意点を教えてもらって終了。



仕事の遅れ具合も気になり、やはり職場に顔を出し、2時間仕事。

夕食後、手話サークル。
先週憶えた単語の復習。
1,民泊 2,ターミナル 3,トランジット 4,トランスファー 、5,検疫所
これらは全日本ろうあ連盟が出した「新しい手話2018」の旅行用語。

引き続き今週の単語
1,税関 2,チケットレス 3,リコンファーム 4,フルムーン 5.クルーズ
一通り憶えたところで、ひとりずつ立って表現していく。
このカタカナ語に馴染みがないため、憶えた側から忘れてしまう。

次に、この中かの単語を使って文章を作って表現。
どうせ順に回ってくるなら早いところやってしまおうと手を挙げる。
「4番を使って、フルムーンは海外旅行に行きたいと思います」
だいたい伝わったらしい。
ただし、声は出さなくても口の形を付けなくてはいけないと指摘される。


初級の人と、中・上級者に分かれての勉強会。
「自分の身の回りのこと、最近感じたこと、なんでも良いので文章にまとめて発表してください」
前回のことがあるので、他の人とかぶらないような事柄を考える。

他の人の手話を見ていても半分も理解できない。
指の動きや表情を見て、頭で考えているうちに話は進んでいってしまう。
語彙が圧倒的に少ないのと、不慣れなのと両方。

自分のはなんとか知っている単語を組み合わせる。

「今日は定期検診で病院へ行き、フルート教室に行き、仕事にも行って、手話サークルに来ました。忙しい一日だった。」

1日の表現がわからず、「1」と「日の指文字」で表現したが、これは人差し指を立てて左胸から右胸へ移動させなさいと教えられる。
それから、行った先が複数あるのなら、同じところを指さず、それぞれ場所がちがうというのを表すようにとの指摘。

それでも少しずつ言葉が表現できるようになっているのを実感。
あせらず頑張ろう。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ  
どれか一つクリックお願いします(*^^*)

2018年2月11日日曜日

18.02.11 寒空



庭に出て枯れた枝や草の葉を取り除いたりしてみたが、風が出てまだ寒い。
沈丁花も小梅もまだ固い蕾。



この時期、本当に花がない。
自然に咲いているのはスイセンくらい。

今日はビールと灯油を買いに出ただけ。
あとは部屋の中で、小難しい楽譜と格闘、手話の単語も少し勉強。


犬山シティーマラソン。
夜半まで降っていた雨も上がり、ピリッと冷えたマラソン日和。

今年は10kmの部が、どういうわけだか7kmに短縮された。
次男は脚に少し違和感があるから無理せず走ってくると言って出掛けていった。


次は東京マラソン。
ビッグイベントだけに、楽しみだね。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ  
どれか一つクリックお願いします(*^^*)



2018年2月10日土曜日

18.02.10 フルートレッスン

KOEHLERは5番。
ト長調のAllegretto(やや速く、Allegroよりは少し遅く)
曲の頭にmarzialeと記されているのは、勇壮な・行進曲のようなという意味なのだとか。
どうりであちこちにアクセントがついている。
2音ずつつながるスラーの後ろの音にアクセントがついているので、これを意識したらスラーの位置がおかしくなってしまった。

後半部分はなだらかに音が推移していくので難しくなさそうだが、同じようでありながら微妙に違うので、1音1音楽譜を追っていかないとどこを吹いているのか分からなくなってしまう。

先生の評は、「楽譜に忠実に吹こうとしているのは分かりますが、フレーズとして捉えてください」

それでも午前中に集中的に練習していったおかげで、所々に入り込む♯や♮のつく音をほぼ間違えずに吹けたのと、一オクターブ以上も下がってからのスラーの音が曲がりなりにも吹けていたので、一応◯をもらう。

というより、ここでつまずいていては、6番からの更に難解な曲に進めなくなってしまうので、「さあ、次、次、頑張って!」という感じなんだろう。

1曲吹けるようになるまでに1ヶ月はかかりそうなのが続いている。



自由曲は「DARK EYES (黒い瞳)」
耳なじみのある曲なので簡単に考えていたら、前回は「B」から4分音符になるところを、その前と同じように付点4分音符で吹いていたのでリズムが合わなかった。
この「Flute BEST 100ー松本泰幸編」はどの曲も簡単そうでいて、少し変化をつけてある。
そういえば小さく「練習者のための」と書いてあるのはそういうことかと納得する。



もう1曲選んだ「コンドルは飛んでゆく」はなおさらそういった色合いが濃い。
1番とメロディーラインは同じでも装飾音が付いたり、2分音符と付点8分音符がスラーでつながっているのに、そのあと16分音符がくっついている、なんていうのは長さの感覚が理解できない。

来週はこの曲の仕上げと、もう1曲、「ターン」の記号をうまく処理できるかというのを選んでみた。



相変わらず外は寒く、庭木はほとんど枯れ枝のような感じ。
梅の蕾がふくらみ始めているといっても、開花はまだまだ先のようだ。
そんな中、やはりロウバイは早い。
カミさんが玄関に枝を生けたら、すご~く和風なイメージになったが、芳香剤とは違う良い香りがする。
玄関脇の沈丁花も開花までもう少しかな。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
どれか一つクリックお願いします(*^^*)

2018年2月4日日曜日

18.02.03 今年の節分の過ごし方

江南市福祉協議会から「ボランティアサロン」に参加の要請ハガキが来ていた。
 ①平成30年2月3日(土)
 ②平成30年2月6日(火)
どちらも時間は午前9時30分~11時30分
①②の都合の良い日を選んで来てください。

というので、3日(土)に参加した。
要請された出席者は12名かな。
その他に社会福祉協議会の若い担当者と、進行を務めるボランティアセンターの?年配の女性。


2班に分かれて、我々の班は6名。
手話サークル・あけぼの会に入って間もない私
昼間活動している手話サークル・こけしの女性
キャンプなどを通じて少年の育成を助けるKRCCAの男性
要約筆記サークル・藤の女性
高齢者介護・さくら会の女性
ボランティアグループ相談員の女性

この班はボランティア相談員の女性がまとめ役。
と言っても話し合うテーマは決められていて、それぞれがテーマに沿って発言していく。

1,ボランティア活動をしていて困ったことや悩み
2,ボランティア活動を活性化するためには、どうすればいいですか
3,出来たらいいなと思うこと
4,スキルアップのための取り組み
5,家族はボランティアをすることについてどう思ってますか

私はたまたまこの場に来てしまったという感じだが、他の人はそれぞれ自分の意志でボランティア活動を続けている人たち。
「社会弱者のために手助けをするのは当たり前」と考えているのに、会員が増えないどころか高齢化してきて現状維持も難しいという事態に陥っているようだ。

活動を通じて勧誘も続けているが、若い人は仕事が忙しく、定年を過ぎても元気な人達が大勢いるはずなのに、広報で呼びかけるだけでは賛同が得られない。
「既存のグループに後から入って下っ端に見られるのはプライドが許さないのでは?」と言う意見も、なるほどと思う。


午後から仕事。
今日は仕事はしないと決めていたのに、やっておかないと月曜日がどんなことになってしまうかと、17時過ぎまでみっちりと頑張る。

手話サークル・あけぼの会は19:00~21:30まで。
本来サークルというのはある程度、基礎を勉強して、コミュニケーションが取れるようになってから来るところのようで、初級クラスと言っても全くわからないのは私だけ。

今日は先週覚えた単語の復習。
 1.北欧
 2.MERS(中東呼吸器症候群)
 3.コロナウィルス
 4.ヘルペス
 5.段また段を成して
今週分
 1.民泊
 2.ターミナル
 3.トランジット
 4.トランスファー
 5.検疫(所)

これを全員で覚えた後、一人ずつ順に表現していく


初級者・中級以上者に分かれて、初級者の今日のお題は「感情に関する言葉」の表現。
 笑う がんばる つまらない 悔しい 残念
 楽しい びっくり 喜ぶ 恐い 緊張 いばる
 怒る 悲しい あわてる
 落ち込む あせる 等々

各自これらの単語を使って文章を作り、前に出て表現する。
考える時間は3分。

「ここに来て、手話を教えてもらうのは嬉しいけど、家に帰ると少しも覚えていなくて落ち込みます」と考えていたら、
先に指名された人が
「手話の勉強をするのは楽しいけど、他の皆さんが覚えるのが早くて焦ります。でも頑張ります」
とほとんどカブッてしまった。

他の話題に変えようと思う間もなく、次に指名されたので、そのままやってみた。
今回の講師役の若い人にどうも通じていないみたい。
通訳の人が、「少しも覚えていなくて」というのは表現しにくいから「すぐに忘れてしまって」と言い換えたほうが分かりやすいかもしれませんね、と助言してくれる。


家に帰ったのは10時近く。
ビールを飲んで、録画を見ながら焼酎のお湯割りも。
今年は豆まきも恵方巻きもなし。
フルートの練習もできなかった。


夜中に目が覚めた。
せっかく午前中にボランティアサロンに行ったのだから、手話の題材もそれにすれば良かったのに・・
「今日、午前中、ボランティアサロンに参加しました。他の皆さんは会員が増えないのが悩みと言っていました。あけぼの会は新しい会員も増えて、楽しいサークルですね」
と言えばよかった。

残念!(左の手のひらを上に向けて、グーにした右手をぶつける)


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ  
どれか一つクリックお願いします(*^^*)

2018年1月29日月曜日

第40回日本フルートフェスティバルin名古屋

27日、久しぶりにフルートレッスンを受けた時に、先生からフルートフェスティバルの案内を頂いた。

----------------------------------------------
名古屋笛の会特別演奏会
第40回日本フルートフェスティバルin名古屋
開催についてのご案内(出演依頼)

名称:第40回日本フルートフェスティバル
日時:平成30年5月20日(日)16時開演(予定)
会場:三井住友しらかわホール(名古屋・伏見)
ゲスト:M.ラリュー氏
指揮:塚田隆雄氏 寺本義明氏
----------------------------------------------

それに「開催要項」と「名古屋笛の会入会案内」
締切が1月末日(必着)となっているので、さっそくネットとハガキで申し込んだ。

これがすんなり受け付けられるとすると、5月20日の三井住友しらかわホールでステージに上がれることになる。



参加資格はアルテ教則本1巻終了者ということで、
☆愛好家のステージ☆
☆大合奏のステージ☆
の2ステージ。


当日の午前中にでも揃って練習をするのかと思っていたら、そんな生易しいものではなかった。
練習予定日が、3/25 4/8 4/22 4/29 5/13 5/19、練習には全てご出席くださいとある。
当日の服装も規定があるようで、こりゃ本格的だと怖気づいてしまったが、こんな機会はめったにないので是非とも参加したいと思う。

ハガキもまだ到着していないと思うし、受け付けてもらえるかどうか、いつ連絡があるのかも分からないが、なんだか既に合格発表を待つ気分。
もし、「参加してください」という案内が来ても、練習について行けるかどうかも不安。
でも不安と同時に期待感も。
やるなら今でしょ!
(ひょっとしたら、「次回ご参加ください」なんてことも?)ドキドキ!


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ  
どれか一つクリックお願いします(*^^*)




2018年1月28日日曜日

18.01.27 久しぶりのフルートレッスン

12月、1月と年末年始ということもあり、また先生と自分とお互いの都合が合わないということもあり、久しぶりのレッスンとなった。

その代わり普段30分のところ、1時間ぶっ通しのレッスン。
冷や汗をかきながら1時間乗り切れるか?


KOEHLERは4番、a-mallから中盤にA-durに変わると8分音符のあと16分音符のスラーにアクセントが交じる。
自分としてはかなり難解な曲。
目で追っていても間に合わないので、覚えてしまうしかない。

前回のレッスンからかなり時間があったので大体覚えたような気にはなっていたが・・。



もちろん次の曲、5番も一通り練習しておく。
ト長調の曲なので指使いは難しくない。
ところがこの曲も中盤以降のアップダウンが、似たようなフレーズで微妙に変化をつけているので頭が混乱してくる。
4番を練習したあと5番の練習に入ると、酸素不足に陥ったように眠気が襲ってくる。
大事なフルートを落とさないうちに練習は切り上げ。





あれだけ練習していった4番も、5番の練習が悪影響したのか、思いの外できが悪かったが、先生に指摘してもらいながらパートパートを修正して、なんとか○をもらう。


自由曲は「オルフェの歌」
耳なじみのある曲で音域もそれほど広くないので、自然に吹ける。
「Bossa nova」となっているけど、この曲、ボサノバですかと聞いたら、伴奏譜を示して、タン・タタ・タ・ター・タとなっているのがボサノバのリズム、「C」からのシンコペーションがちょうどそのリズムになっているのだとか。
伴奏譜はなるほど最初からそのリズムを刻んでいる。



「黒い瞳」も難しくないと思っていた。
先生からは民族的な雰囲気を出すように、荒く、ビブラートを工夫してと言われていたので、あとの注意点は4分音符で始まる曲が、中盤以降同じメロディーラインで8分音符になることくらいと思っていた。

各段の頭が付点4分音符が、中盤以降4分音符になっているのに気づいていなかった。
ついでに中盤以降は少しテンポアップして、いかにもロシアの曲という感じに!と注文をつけられて、次回に持ち越し。




そうこうしているうちにあっという間に1時間が過ぎ、片付けて外に出ると、14時からのピアノレッスンの女の子が二人、可愛らしい挨拶をして入っていった。
子供のうちからやっていると上達が早いんだろうなあ。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ  
どれか一つクリックお願いします(*^^*)

2018年1月14日日曜日

18.01.14 江南市福祉シンポジウム

江南市・江南市社会福祉協議会主催の地域福祉シンポジウムの聴講。



基調講演は「ガッテン流!ちょ~おいしい!健康づくりの術」
~認知症予防&ダイエットのウソ・ホント!?~
と題して、講師は元NHK「ためしてガッテン」の演出担当デスク、北折一さん。
扶桑町出身で、現在は健康分野を中心に、全国各地を精力的に講演して回っているとか。

第2部はパネルディスカッション。
「子育て世代・高齢者に人気!元気で楽しい活動紹介」
地域の福祉活動を推進するそれぞれの代表者が、活動の現場を紹介。



江南市民文化会館まで、散歩がてら徒歩で。
徒歩で往復すれば、きっと1日の目標8,000歩をクリアするに違いないと目論んで。



ステージ上には司会者と、手話通訳者が並んで立ち、ろうあ者に同時通訳していく。
市長の開会の挨拶に続き、基調講演。

北折先生は最初に断りを入れた通りの、強烈なマシンガントーク。
切れ目なくよどみなくユーモアを交えつつ飛ばしていく。
手話通訳者も、字幕担当者も必死で追いつこうとする。

休憩を挟んでパネルディスカッション。
パネルディスカッションというよりは、スライドを使って団体の代表者3人が、それぞれの活動を紹介。
参加者たちのイキイキとした様子を伝え、さらに大勢の参加を呼びかける。
熱意のあまり、時間はかなり押している。

最後に江南市の地域福祉計画の紹介。
3分間で終了するようにとプレッシャーを掛けられながらステージに上った担当者が、それは無理と開き直って、予定通りの計画発表。
15:30終了の予定は、かなり遅れた。


ロビーでは北折先生の本の販売。
私自身は今のところダイエットの必要のない適正体重ではあるが、入場無料の講演会だったので、サイン入りの本を1冊購入。
印税はすべて東北の被災地に寄付されるということだった。



そこへ先程の手話通訳の人たちが現れて、本を何冊か購入。
これから反省会というのに誘われて、無謀にも参加。


北折先生の同時手話通訳は、やはり相当難しかったらしい。
手話では表現できない医学用語が所々に出てきたり、とにかくそのスピードでは、何かを省略せざるを得なかったのが残念だったという話も聞いた。




それにしても、市役所や関連する団体がいろいろな活動を通じて、地域の少子化の問題や高齢化の問題や、心身共に健康な生活を目指しての取り組みをしていることに気付かされる、有意義なシンポジウムではあった。
わが町の状況がどうなのかも、ちょっと気になった。

スマホの万歩計は予定通り8,400歩ほど。
食事制限の必要はない(だろう?きっと)


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ  
どれか一つクリックお願いします(*^^*)