風とともだち---週末サイクリング

愛知県サイクリング協会(ACA)の会員になって
名所旧跡や街道をポタリングしたり、美味しい物を食べて回ったりの「探訪あいち」や
ロングライド、ヒルクライム、グランフォンドと体力の限界に挑戦する「ツール・ド・あいち」など
苦しくも楽しい自転車ライフを満喫しています。

風とともだち---週末サイクリング

風とともだち---週末サイクリング

2011年12月17日土曜日

11.12.17木曽三川公園

11.12.17木曽三川公園

久しぶりに海津町の木曽三川公園へ。

木曽川左岸を走りどんどん南下。
手袋は一応フィンガー付きのだがメッシュで夏用。日焼け止めのために指があるだけだから、今朝の気温では指が冷たい。


川の向こうに山脈が見えてくると、青い山並みの頭は全て雪で真っ白。
寒いはずだよ。


祖父江を過ぎた辺りから堤防の補強工事とかで下道を走らされる。
農道をできるだけ堤防と平行に走ろうと思っても、結局ギザキザと東へ追いやられる。


立田地区ではレンコン畑の水はなく、葉が立ち枯れたままになっているところへ重機を持ってきて、真っ黒い土を掘り返したりしている。
何事も冬の間の準備が必要なんだな。





公園の入口で写真を撮って、すぐ横のレストランで早目の昼食。
全くの平坦にもかかわらず、風の中を走ってきたせいで、すっかりお腹がすいてしまったのだ。
レストランの入口にたむろする野良猫たちは全く警戒心もなく、まるで飼い猫のようだ。


北側のエリアに初めて入ってみた。
イルミネーションの準備ができていて、今は人の姿は殆ど無いが、夜間賑わうのかも知れない。





帰り道は長良川サイクリングロードを北上。
風が出る前に帰ろうと思っていたが、自然はそんなに甘くはなかった。

思いっきり向かい風。
自動車は一番高いところを走り、ここはサイクリングロードとして分離しているから、風に押されて速度が出なくても、多少左右に振れようとも危険はない。

ただし、アスファルトの継ぎ目に芝が盛り上がっているのが頻繁に出てくるのと、相変わらずの飛び出し防止用?のパイプがやっかいだ。
ところどころパイプを外してある所があるので、楽に通れると思ったら、パイプは無理に引きちぎられたように、ギザキザの根元が残っていて、危うく乗り上げるところだった。


名鉄の木曽川堤駅を越えた辺りにも堤防の下にサイクリングロードが見える。
下りて走ってみたが、一宮タワーが正面に見えるくらいのところでストンと途切れていた。
犬山、扶桑、江南、一宮と繋がってしまえば、なかなか立派なサイクリングロードとなるだろう。
ここは通行を妨げるパイプがほとんどなく、ロードバイクの練習に持ってこいなのだ。


TIM      4:14:51
DST     89.48km
ODO  10425.2km
MAX   35.8km/h
AVE   21.0km/h

寒風の中の走行で、写真を撮ったり寄り道したりなので・・・

おっと!忘れてました。
tokonameさんにあやかって、五七五七七調で

      木曽三川
      平坦なのに
      AVE遅い
  
        伊吹おろしの 
        せいと言い訳


                     (これでブログ1つ完成?)


4 件のコメント:

  1. 探訪以外も走り込んでいますね!流石です。
    私も先週、平田クリテ参加の為、長良川サイクリングロードを使いましたがポールが結構ジャマでした。

    返信削除
  2. kuwanaさん

    今日は空気が澄んで寒かったです。
    ケイデンス100の区間は身体は汗ばんでいるのに、顔や手足が冷たいといった感じでした。
    明日シューズカバーが手に入りそう
    ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!

    返信削除
  3. 私も一句!

    三本で
    毎日練習
    するものの
    なぜか実力
    ヘタリなりけり

    北條氏康

    返信削除
  4. 北條氏康さん

    古語を取り入れるとそれっぽくなりますねぇ。
    三本ローラー毎日ですか。
    自分はお叱りを受けるので、たまにしか乗れません
    (´・ω・`)ショボーン

    返信削除