花と音楽のある暮らし

花と音楽のある暮らし

2014年4月12日土曜日

自転車散歩



「台湾から観光ツアー続々」
4月10日の中日新聞朝刊に、犬山城の写真入の記事が掲載された。
なんでも中部9県の外国人観光客誘致政策「昇龍道プロジェクト」の一環として、犬山市観光協会が台湾の旅行社に働きかけた結果、4~6月に21ものツアープランが企画され、手応えを感じている。






「みんなの本」


同じ紙面の左端には、山と渓谷社の「(新版)東海自転車散歩」が紹介されている。
ちょっと立ち読みしてみようかと、大高イオンに寄ったら、未来屋書店はただいま改装のため閉店中。
金山のアスナルにも寄ってみたが、麻里書房は小さな店で、自転車関連はほんのわずかで、これは置いてない。

新聞の紹介を読むと、ACAの「探訪あいち」で行くようなところばかりだから、個人的に買うほどのこともない。事務局にでもあればいいなあと思う程度。
それよりも、「探訪あいち」で年間60本近いコースを走って、参加者が喜ぶようなコースができているのだから、これを上手に整理したら、さらに充実した「ACA版・東海自転車散歩」が出来上がるだろうと思う。(もっとも、この名前をそのまま拝借するわけにはいかないが。)


それにしても、財産とも言うべき探訪コースを、一般のサイクリストに紹介するような場所があるといいと思う。
もちろんホームページをたどっていけば、コースは残されているのだが、会員以外にはホームページの存在すら知られていないと思ったほうがいい。

ショップとの連携、学校への働きかけ、または電ちゃんが雑誌の取材に応えて見開きページで紹介されるなど。いろいろなところへの働きかけが、愛知県サイクリング協会の認知度を上げて、若い会員の増加につながれば嬉しい。



4月6日の「養老山地半周」も全体としては「山岳探訪」だったが、西藤原駅のミニSLなど、まさに自転車散歩の感覚でなくては味わえない楽しみ方。
ブログで写真は載せていたが、動画でも撮っていたので、ここで紹介しておこう。


video


ロードバイクのバナー
クリックしていただけたら嬉しいです
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ




6 件のコメント:

  1. 「東海自転車散歩」持っていますが、先日書店で見たのは新刊だったのですね・・・
    気が付きませんでした。
    サイクリングコースは、ACAの皆さんに尋ねた方がいいかも・・・ですね。

    返信削除
  2. ぶるほんアンカーさん
    「探訪あいちは」サイクリングコースの宝庫ですよね。
    明日もまた1ページ加わりますね(^O^)

    返信削除
  3. 自転車散歩はかなり前に買った記憶があるのですが探したけど出てこない、^^;
    新版を立ち読みして気に行ったら買ってこよっと、

    探訪あいちは走るコース以外にランチ&スイートの店まで紹介されてるから素晴らしいと思いますよ、^^!

    返信削除
  4. ☆うっさ☆さん
    みんなちゃんと買ってるんですね\(^^)/エライ

    探訪あいちのコースはそのまま寝かせてしまうのはもったいないようなのばかりですよね。
    違う時期に行くのもまた違った趣があっていいかもしれません。

    返信削除
  5. YOSHI2014年4月14日 8:24

    「旧版 東海自転車散歩」は、友人がうっかりして2冊買ってしまったという事で1冊もらいました。
    探訪あいちのコースを本にするなら、紙地図だけでなくルートラボも載せると便利かと思います。
    昨日、カミさんと奥琵琶湖海津大崎の満開の桜の中をサイクリングでした。
    渋滞の車の中から見るよりも、自転車から見る桜の方が素晴らしいですね。
    桜;紅葉の行楽地もパーク&ライドが進むともっと優雅なレジャーになると思うのですが。

    返信削除
  6. YOSHIさん
    新版もうっかり2冊買ってくれるといいですね(笑)
    奥様と奥琵琶湖海津大崎の満開の桜の中をサイクリングなんて羨ましい。
    よけいに綺麗に見えたことでしょうね。桜も奥様も(o^^o)♪

    返信削除