風とともだち---週末サイクリング

愛知県サイクリング協会(ACA)の会員になって
名所旧跡や街道をポタリングしたり、美味しい物を食べて回ったりの「探訪あいち」や
ロングライド、ヒルクライム、グランフォンドと体力の限界に挑戦する「ツール・ド・あいち」など
苦しくも楽しい自転車ライフを満喫しています。

風とともだち---週末サイクリング

風とともだち---週末サイクリング

2012年11月19日月曜日

12.11.18知多四国八十八ヶ所:第1回

12.11.18知多四国第1回

T-COLNAGO大矢さん企画の「知多四国八十八ヶ所巡り」の第1回目。
走行距離30km~50km位を目安として、老若男女を問わず、また初級者にも参加してもらえる「やさしいサイクリング2013」というカテゴリーに入るようだ。

輪行だからなるべく身軽に行きたい。
アップダウンがあるわけじゃなし、スピードを競うようなこともないだろうから、ジーンズに上はフリースといった、近所のホームセンターへ行くような普段着。
風が出てきた時の用心にウィンドブレーカーを1枚持つ。

大府駅で自転車を組み立てていると、横に置いた輪行用のベルトや手袋が階段のところまで風に飛ばされていってしまう。
強風注意報が出ていたくらいだから、今日は風を覚悟しなくてはいけない。




健康の森駐車場に早々と大勢集まってきている。
幹事さんを含め総勢21名となった。
これはまた長い列になるから大変だ。
短い信号は1度には渡り切れないだろう。



1番札所は豊明の「曹源寺」
知多四国以外でも、探訪で何度も立ち寄ったお寺だ。
今回初めて八十八箇所巡りをする人はここで奉納経を購入する。
自分は2年前の探訪で廻った時に忘れてきてしまったことがあって、結局2冊購入していたので、今回は2冊とも持参して、押してない方に御朱印を押して貰う。



4番札所「延命寺」
みんな要領がわかってきたと見えて、お参りしたあと御朱印を貰うのに、それほど時間を取られなくなった。



ガッキーさんが般若心経を一緒に唱えたいからやってくれと言うので7番札所の「極楽寺」でやってみた。
ところがガッキーさんはあっちの方で誰かに話しかけて、ちっともこっちへ来ない。結局聞いてくれたのはyuuminさん一人だけだ。



11時過ぎに東浦イオンに到着。
時間はまだ早いといっても朝食抜きで来ている人もいるし、早いに越したことはない。
充実したフードコートでそれぞれ何人かずつに別れて昼食。
六まるファイターさんが☆うっさ☆さんの自転車に目をつけて、あとで写真を撮らせてほしいと頼んでいる。
黄色いCOLNAGOに入っているFerrariのマークはダテじゃなく、実際にあのフェラーリとデザイン・カーボン技術で提携して完成した自転車だそうで、日本に何台という希少価値のある自転車らしい。



54番札所「海潮院」
2年前、大先輩の田中さんに連れてきてもらったときは、ここで雨が強くなり中断して、亀崎駅から輪行で帰ったという思い出のある場所だ。
その時のドタバタで、御朱印を押してもらうのも忘れていたので、今回は2冊に押してもらった。



9番札所「明徳寺」はJR武豊線の石浜駅からコチョコチョっと中へ入り込んだところにあった。
ちゃんと巡礼の白装束を纏った人はさすがに般若心経も堂に入っている。



今日最後の6番札所「常福寺」
自転車を裏側の邪魔にならないところへ止めようとしていたら、若い人がズボッと落ち込んだのは浄化槽。
グラスファイバーのような繊維の見えるマンホールの蓋が経年劣化か、踏み抜いてしまったのだ。
縁だけ残して大きな穴が空いてしまっている。
幸い脚を突っ込んだだけで怪我もなかったので良かったが、一時は不意の出来事に周りじゅう驚いた。
隣にある蓋も同じようにヘタっている。





納経所では珍しく若い美人のお嬢さんが御朱印を押してくれる。

見とれながらも写真を撮らしてもらう。
なにしろACAの広報の役目も背負っていると自負しているのだ。
と、T-COLNAGOさんが、「浄化槽の蓋の件、話してくれた?」と近づいてきたが、そういえばすっかり忘れていた。
それも大事なことだったよね。



予定より1時間も早くゴールしてしまった。
早く帰れるのは嬉しい。
何しろこの時期は5時前に日が沈んでしまうので、明るいうちに家に帰れるかどうかは微妙なところなのだ。

ところが☆うっさ☆さんが「せっかく来たのにちょっと走り足りないよね。大府駅じゃなく、どっかまで一緒に行こう」と誘ってくれる。
じゃあ大府か共和、笠寺、熱田、金山、どこかまで一緒に行きましょう」と走りだすと大府駅を過ぎて信号で話をしたあとパンク。
ケイタイに電話すると、☆うっさ☆さんも後ろに付いていないのに気づいていて引き返しているところだった。



神宮駅の近くの甘味処で小休止。
☆うっさ☆さんは酒が全然ダメな分、甘いものに目がないのだ。
話題が尽きない。
ロードはともかく、マウンテンに関してはいろんなところでイベントを打ち、企画から運営、宿泊の手配からコース設定、食事・コーヒー沸かしの準備、オヤツの袋詰め、スタッフの任命、参加者分のルート地図作成等々全部一人でこなしてきたというからすごい。
同い年とはいえ年期が違うのだ。
こういう人にはまたACAに力を貸してもらわなければいけない。
若い人の発掘も大事だが、こういうパワーのある人の牽引力も利用しない手はない。
今の60代には隠れた能力を持った人が何人もいるのだ。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村  (´∀`∩)↑age↑ クリックお願いします  ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!

2 件のコメント:

  1. お疲れ様でした。
    最後まで付き合って頂きありがとうございました。
    楽しい一時を過ごす事が出来ましたが一方的にしゃべり過ぎでした。^^;

    山田さんの日記は画像をうまく取り入れて出来事とかも分かりやすくていつも感心してます。
    私とは大違いで今後は参考にしたいです。^^;

    第16回目までお互い頑張りましょうね、

    返信削除
  2. ☆うっさ☆さん
    こちらこそ楽しませていただきました。
    話題が豊富でいいですね。
    お酒でも出てきたら夜中まで話し込んでいたかも(^_^;)

    ブログはそれぞれの個性が出て愉しいものです、参考にしないでねφ(`д´)カキカキ

    知多四国は☆うっさ☆さんには距離も短いし物足りないんじゃないかと思いますが、奉納経を御朱印で埋めるという楽しみもあるから頑張りましょう。
    日間賀島や篠島に渡るのも気持ちいいです。

    返信削除